「7GB制限」でiphone7の通信速度が落ちる!?

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

そもそも7GB制限ってなんなの?

7GB(ギガバイト)制限とは、スマートフォン端末の月の3G/LTEでのデータ通信量の利用が合計7GBを超過した場合、それ以降その端末の通信時に大幅な速度制限がかかるというルールです。

各キャリアはLTE回線を通じての通信が可能であるiphoneにもこのルールを適用しています。さらに、iphoneを使用したテザリングに関しても同様の通信制限が適用され、テザリングの使用時の通信量もこの合計にカウントされます。ただし、ソフトバンク・auでテザリングオプションに加入している場合、通信制限の基準となる通信量は7.5GBとなります。

速度制限を回避するためにできることは?

実際に通信速度制限がかかってしまった場合、どのくらいの期間、どのくらい通信速度が遅くなってしまうのでしょうか。まず期間についてですが、ドコモ・auの場合はその月の末日まで制限がかかります。ソフトバンクの場合、請求の締日まで制限がかかります。どの締日に当たるのかは、契約書・請求書等で確認することができます。

次にどのくらい遅くなるのかについいてですが、送受信の通信速度が最大 128kbps に規制されます。LTE 回線を使った場合、iphoneのデータ送受信速度は最大 100Mbps と言われているので、128kbps はその約800分の1になります。こんなに遅くなってしまってはいくら最新iphone7といっても大変使いづらいですので、できるだけ規制を回避したいですよね。そのためには自分のデータ通信量をこまめにチェックし、Wi-Fiを積極的に使ってできるかぎり3G/LTE回線を使って同期・更新をしないように心掛けることが大切です。

油揚げとiphone

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ