iphone7で濃厚な予想として挙げられる3つのこと

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

強化に於ける予測

2014年に発売されたiphone6/iphone6Plusではオートフォーカスやプロセッサの高速化・バッテリー駆動時間の延長などが改善されました。では次世代のiphone7はどのような変貌が予測されるのでしょうか?まずは今まで以上の機能の搭載もしくは強化、といったところでしょうか。これはほぼ確実でしょう。そしてそのなかでもやはり薄型化になることも手堅い予想といっても良いかもしれません。

また今よりも薄くなることは手にした感じも軽くなりそうです。また実際軽量化も考えられる予想の1つです。次にディスプレイ面の強化が予想されます。昔はスマートフォンというと、使っている内にガラスが割れてしまう、というケースが多くみられましたが、今回はそのような事態にならないよう、前世代のiphone6ではゴリラガラス3が採用されました。これにより、幾分そういったトラブルは聞かれなくなりましたが、iphone7では万全を期してゴリラガラス4にして強度が増す予定となっています。

CPUのスペックの向上

CPUのスペックがトリプルコアかクアッドコアになるのでは?と憶測が飛び交っています。トリプルコアはその名の通り、コアが3つある規格のことです。これは人間で例えるなら頭に脳が3つある状態です。対してクアッドコアは1つのCPUで4つの処理を行えるそうです。CPUのスペックが向上は消費効率や性能の進化に繋がりますので、iphone7に対する予想が実現できるかどうかはその部分にかかっているように思います。

白い携帯

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ