iPhone8の画面サイズは馬鹿でかい?!5.0と5.8インチの噂

当初のコンセプトから脱却し、iPhone7以降大画面化路線に転向したとの見方もあるiPhoneシリーズ。最新モデルとなるiPhone8の画面サイズは一体、どのくらいの大きさになるのでしょうか。過去シリーズとの比較のなかから予測します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

大画面化の一途を突き進むiPhoneシリーズ

画面サイズだけでくらべてみると、初期のiPhoneから直近のiPhone7まで、多少の変動はあるものの概ね大画面化の方向にシフトチェンジをしていると考えられます。すでに公表されている事前情報を素直に受け取るかぎり、最新のiPhone8でもその傾向はつづくと解釈することができ、当初の小型化路線からはひとまず距離を置いていることがこれだけでもうかがえます。iPhone8の画面サイズは4.7、5.0、5.8の3パターンが用意されると見られており、最小の4.7でも初期型iPhoneと比較すると大型になっていることがわかります。5.8インチにいたってはiPhoneシリーズにとっては未知の領域であり、ユーザーから評価を得られるかどうかはApple側としても発売されるまでわからないというのが本音のようです。

iPhoneシリーズが小型化路線から脱却した理由

薄型携帯端末の代表としてトップを走りつづけてきたiPhoneシリーズ。そんなiPhoneがそもそものコンセプトからいったん距離を置き、一転して大画面化に踏み切った背景には、世界的なトレンドが強く影響しています。今や、薄くて小型の端末の時代ではなく、画面は多少大きくなってもその分画質が良く、動画やテレビを長時間快適に楽しめる端末のほうが主流になりつつあります。iPhone8では画面サイズをいちだんと大きくするとともにホームボタンを廃止し、フルフラットの有機ELディスプレイを採用することによって液晶画面をさらに広く使えるように工夫されると見られています。

ユーザーに聞く!大画面のiPhoneで何がしたい?

大画面化の恩恵をダイレクトに受けるのはユーザーです。初期型iPhoneではたとえ高画質であっても画面サイズがちいさく、ゲームや動画を長い時間楽しむには目の負担が大きいというネックがありました。その点、フルフラット式のiPhone8であれば画面も見やすく、ある程度集中しても目が疲れにくいと言われています。

世界的なトレンドに合わせるように、iPhoneシリーズでもついに大画面化路線に舵が切られようとしています。iPhone8はその集大成であるとも言われ、フルフラットディスプレイとの組み合わせでこれまで以上に大きな画面で動画やゲームを楽しめるようになると期待されています。一方で、iPhone7sからそれほど間を置かずにリリースされるiPhone8はプレミアムシリーズとしての意味合いが強くなるという見方もあり、iPhone9以降はまた少しずつ小型化路線へと転換するのではとの予測も一部では広がっています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ