【デマ?】iPhone8の新機能「遠隔充電」はウソ?!

iPhone8の新機能として多くの方々に期待されているものの一つに遠隔充電機能があります。今までのQiでは行うことができない遠隔充電なので期待値はものすごい高まっているのですが、それがデマではないのかという心配の声が増えているのです。このデマの声の真相を探っていきたいと思います。iPhone8では搭載されないのでしょうか?

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

新型iPhone8に遠隔充電はできないの?

いろいろとうわさ話を集めてみましたが、このような噂が広まった理由がなんとなく見えてきました。おそらくこれはアップルウォッチャーであるジョン・グルーバー氏による「インダクティブ充電器はiPhone 8とは別売になる」という報告からきているのだと思います。この言葉には続きがあって「当初よりも遅れてiOS11.1に合わせて発売されるようだ」というものがありますので、使えないということはないのでしょうが、発売当初にはその機能を堪能することができないと考えたほうがいいかもしれません。

しかし、この噂で気になるのは発売が遅れるという部分よりも「インダクティブ充電器」と明言していることです。当初は数フィート離れたところにいても充電できる遠距離ワイヤレス充電機能が搭載されるといわれていたのですが、仮に、インダクティブ充電機能が搭載されているとなれば、今現在多くの方が使っているQiと同じく数ミリメートルという非常に近い距離まで近づけないと充電できないことになってしまいます。

遠隔充電は嘘なのか?

このワイヤレス充電や遠隔充電は非常に注目度が高いので、あっちこっちで噂が立っており、何が真相なのかがわからない状態になっているようです。そもそも、遠隔充電ができるという噂が広まったのはアップル社の精神をインドで手掛けているとある会社のCEOの言葉であったり、ワイヤレス充電の標準化団体「AirFuel Alliance」の立ち上げを行っているという派手な動きがあったからであって、何の根拠もないデマというわけではなかったのです。

しかし、このように今までの遠隔充電を否定するような意見も出てきているので、ネット上ではどちらが本当なのか悩んでいる人がさまよっている状態になっております。はっきり言って噂だらけなので、自分の信じたいものを信じたほうがいい状況といえるでしょう。

iPhone8は最新技術の塊になることは間違いないでしょう。その中の一つの目玉が遠隔充電となっているので、この部分を削除することはユーザーにとってショックが大きいといえると思います。実際に興味がある最新技術だったので、アップル側はなんとしても導入してもらいたいものです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ