iPhone8や7でも使えるQuickPayの便利さと不便さ

iPhone7以降QuickPayに本格対応したことでショッピングでも使いやすくなったiPhoneシリーズ。最新のiPhone8でもQuickPayを使ってクレジットカードを登録できるのでしょうか。iPhone8でQuickPayを使う方法やクレジット利用の注意点、おサイフケータイとの違いについてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

初心者もラクラク!QuickPayならiPhone8で便利にお買い物

QuickPayとはiPhone端末にクレジットカードを登録し、対応店舗のレジにかざすことで端末上だけで決済を完了できる機能です。iPhoneシリーズでは比較的新しい機能になりますが、導入後はその利便性から対応店舗が増えつづけ、登録できるクレジットカードの種類も年々充実しています。多額の現金を持ち歩かなくて良いのはもちろんのこと、何種類ものカードを財布に入れておく必要もなくなるため、紛失のリスクを気にする方にも安心です。クレジットカードというと、カードデータの流出が心配になるかもしれませんが、ユーザーの個人情報はしっかりと厳重に管理されているので気軽に買い物を楽しむことができます。現時点ではすべての端末でQuickPayが使えるわけではなく、登録にあたっては若干の不便さもありますが、今後QuickPayが浸透すれば対応店舗もさらに増えることが予想されており、財布さえ持ち歩かなくても買い物ができる時代は意外と遠くないかもしれません。

ビギナーにもわかりやすく!おサイフケータイとの違い

androidユーザーにとってはおサイフケータイのほうがなじみがあるかもしれません、おサイフケータイもQuickPayと同様、端末にICカードを登録することで店頭での決済をスピーディに行える機能ですが、QuickPayとはコンセプト面で若干の違いがあります。おサイフケータイはもともと交通系ICカードなどとの連動をメインに考えられていたのに対し、QuickPayは当初からクレジットカードへの対応を念頭に置いて開発されてきました。最近はおサイフケータイのほうもクレジット対応になりつつあり、両者の違いはますますわかりにくくなっています。

AppleがQuickPayに勝負をかけている本当の理由

iPhone7でのQuickPayの本格導入は、ユーザー側から見ればいささか遅すぎた感があります。androidではかなり早い段階からすでにおサイフケータイが標準搭載されており、おサイフケータイを使いたいがためにandroidに乗り換えたというユーザーも少なくありません。Appleがこれまで。QuickPayのシステム整備に本腰を入れてこなかったのは、ひとつにはセキュリティ上の課題があったのではと言われています。ただ、今後のiPhoneシリーズにとってQuickPayによる決済システムは必須機能であり、iPhone8以降QuickPayをどこまで定着させられるかが大きな勝負どころと言えそうです。

iPhone8でも引き続き搭載予定のQuickPay。登録できるクレジットカードや対応店舗も増える見通しで、今後も必須機能として定着することは間違いありません。ただ、決済はスムーズでもクレジットカードで支払いを行うことには変わりないため、つねに口座の残高を確認するなど、長期的な計画をしっかり立てて利用するようにしましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ