【パクり?!】iPhone8の側面デザインがSamsung劇似?!

iPhone8は機能性の高さだけでなくデザイン性の高さにおいても着目されています。前面と背面だけでなく側面のデザインも工夫されていますが、そのなかで、iPhone8の側面デザインがSamsungに似ているという噂もあります。本当にそうなのかどうか検証してみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneの側面デザインはどうなる?

iPhone8には、今までになかった素材であるフレキシブル有機ELディスプレイが採用されます。前面は有機ELディスプレイによる全画面ディスプレイとなり、薄さ4ミリなどのフラットなデザインとなります。淵の部分を廃止するベゼルレスが採用されており、ベゼルは丸みを帯びていません。すっきりとしたデザインがiPhone8の特色です。ホームボタンを廃止していますので、フレームの側面にも何らかのボタンが付くのではないかと予想されています。2枚の強化ガラスをステンレスフレームで挟んだ、筒型のようなカーブをしたデザインになります。

iPhone8とSamsungのデザインは本当に酷似しているの?

iPhone8とSamsungのデザインが似ていると言われるゆえんは、iPhone8が有機ELディスプレイを採用したことによって実現する側面のカーブと関係があります。側面がカーブするデザインは、すでにSamsungのGalaxyNote7が採用しているので、それに似ていると噂されています。そのため、一部のメディアなどからiPhone8のデザインはSamsungのGalaxyNoteなどのデザインを模倣しているのでは?という見方が一部であるのです。

iPhone8のデザインは本当にSamsungのGalaxyNoteの模倣なの?

結論から言うと、iPhone8を開発したApple社が、SamsungのGalaxyNoteのデザインを模倣しているわけではありません。Samsungの曲面がカーブしたデザインのスマートフォンが発売されたのが2014年のことです。一方でApple社が曲面をカーブしたデザインのiPhoneの特許を取得しているのが2011年のことです。そのため、Apple社がSamsungのデザインを模倣しているというのは間違っています。

iPhoneの新機種iPhone8と、SamsungのGalaxyNoteのデザインが、側面のカーブという面で似ていますが、特許出願の時期から考えても、模倣ではないといえます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ