iPhone8に最適な保護フィルムとは

様々な憶測が飛び交うiPhone8ですが、2017年発売予定とだけあってリーク画像と言われる真偽が不明なものが出回っています。その多くがやはりApple社の製品をパーツにおいてライセンス生産する中国からの情報が非常に多いですね。「KK低调的微博」などがツイッターなどでよく公表しています。ただ当然非公式なので、これもまた想像の域を出ないのですが、そんな中、iPhone8用の保護フィルムが話題になっています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の専用本体ケースの画像が元ネタ?

これまでのリーク情報では、一応iPhone8のデュアルカメラ搭載は、従来の横向きから縦にレイアウトされているとしています。またケース背面にはこれまでの指紋認証機能Touch IDの穴が無く、どうも正面のディスプレイ上に配置されるようです。そこで通話用のレシーバー上部に切り欠きがある保護フィルムが必要と噂されています。しかし、こうした従来のiPhoneの構造的なレイアウトに関しては、Apple社では見解を出しておらず、やはり単なる噂に過ぎませんし、そもそもiPhone8のケースであるかどうかも不確かなままです。

iPhone8は大した曲面にはならないらしい

これも推測の域を出ませんが、新しいiPhone8のディスプレイは、スマホを縦に持つと左右に向かってカーブを描くように曲面となる噂がありました。しかしその場合、ディスプレイは液晶とは違って、言ってみれば画面上のドットをLEDで光らせるわけなので、そこにTouch IDを搭載する場合、曲面では障害となる可能性が高いです。事実、アメリカの金融機関のアナリストの見解によれば、iPhone8のディスプレイに、Touch IDを搭載した場合は製造コスト的に見合わないとされています。この指紋技術は流石に本国アメリカの、AuthenTecの技術ですから、中国にそれをライセンス譲渡するはずもありません。従って、ディスプレイはこれまで通り「平面」となる方が、価格的には都合が良さそうです。

一番現実的なのは、先にiPhone7sを発売すること

結局、製造コストの問題がiPhone8ではまだ課題が多く、現実的には発表は2017年に行われるが、製造と販売はiPhone7sよりも大幅に遅れるというのが、アメリカのアナリストの見解です。

色々詳しく調べてみますと、多くのiPhone8のリーク情報は、ほとんどが中国の非公式SNSや、欧米圏では閲覧規制がかかったWEBサイトからの物が多いということです。仮に有機ELディスプレイが採用されたとしても、製造コストから価格は11万になるとも予測されています。もうちょっと情報は後になってから調べると良いかもしれませんね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ