ガラスボディはワイヤレス充電のため?iPhone8の材質に迫る

iPhone8ではワイヤレス充電が採用されて、充電器につながなくても部屋で充電をすることができると言われています。そのために特殊なガラスがボディの素材として採用されていますが、iPhone8の材質に迫ってみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のガラスボディがワイヤレス充電を可能に

iPhone8では画期的な充電方法が採用されます。それが、ワイヤレス充電です。ワイヤレス充電とは、Wi-Fiのように電波を飛ばして充電させるという方法で、部屋にいるだけで充電できる画期的なものだと考えられています。従来の用意金属製のボディでワイヤレス充電を行うことも技術的には可能ではありますが、金属では無線周波数許容度が低いことから充電速度に制限が生じてしまいます。そのため、ガラス製ボディにしています。ガラス製ボディのほうがより充電しやすいことから、全面ガラス製になると考えられています。

iPhone8に使用されるガラスってどんなの?

従来のiPhoneにおいてもガラス製を採用されたことがありましたが、ガラス製のiPhoneの最大の欠点はやはり強度が足りず、衝撃などに弱いことです。しかしながらiPhone8に使われるのはサファイアガラスと言われており、ダイヤモンドに次ぐ硬度を誇る強化ガラスです。そのため、ガラス製で電波を通りやすくしながらも、衝撃に強いiPhoneになると期待されています。iPhoneの故障原因の上位にあげられる、落下による画面のひび割れも防ぐことができ期待されています。

iPhone8で噂されるワイヤレス充電とはどんなもの?

iPhone8の画期的な機能として挙げられるのがワイヤレス充電です。ワイヤレス充電と言ってもiPhone8では充電台に置いて充電する、というものではありません。部屋にいるだけで壁などに設置された充電装置からiPhoneに充電できるというものです。一度に複数台の充電が可能ともいわれており、専用アプリを使えば、残り5パーセントになったら自動充電されるという設定もできます。そのような電波を受電するために、金属製ボディでなくガラス製ボディを採用すると言われています。

iPhone8ではワイヤレス充電をするためなどといった理由で、より電波を流しやすいガラス製ボディを採用すると言われています。強化ガラスを使用しているため、衝撃にも強いです。ワイヤレス充電を利用すれば、部屋に居ながらにして充電をすることができます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ