iPhone8ワイヤレス充電のやり方

iPhoneの誕生から10周年目の記念のモデルとなるiPhone8は発売が今から多くの人に待たれていますし、多くの人から一審の期待を受けています。このiPhone8はワイヤレス充電となると予想されているのですが、ワイヤレス充電の使い方はどうなっているのでしょうか?

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ワイヤレス充電について

なんとiPhone8のワイヤレス充電は充電器に置いて充電をする必要がないのです。ワイヤレスといっても専用の充電器があってその上に置かなければ充電は出来ないだろと予想していた人が多くを占めるでしょう。しかし、iPhone8のワイヤレス充電を開発した企業のCEOが情報を少し明かしたところによると、iPhone8の場合、充電器の上に置く必要はなく、その空間にいると勝手に充電がされるらしいのです。何とも近未来的です。

iPhoneを使いながら充電が出来る?

iPhone8はワイヤレス充電です。今までのワイヤレス充電であれば充電器の上において充電をする必要があったのですが、iPhone8は充電器の上に置かなくても充電ができるようになっているようです。そのため、給電装置の範囲内でにいればiPhone8を使いながら充電ができるのです。

ワイヤレス充電を開発したのは

ワイヤレス充電器に置くことなく充電をすることが出来るようなシステムを開発したのは、アメリカの会社です。このワイヤレス充電技術は「WattUp」と呼ばれ、2015年にラスベガスで開かれた世界最大級のIT&家電ショー出内容が発表されています。その時の発表によると、壁などに給電装置を設置し、その供給装置の範囲内であれば一度に複数台の充電ができるというのです。供給装置の範囲は半径4.5m以内です。専用アプリを使えば充電が5%以下になれば自動的に充電をすることが出来るというのですから、まさしく夢に様な装置と言えるでしょう。

iPhone7が登場する前にはもしかしたらこの技術が搭載されるかもと期待されていたのですが、iPhone7に搭載されることはありませんでした。そのため次回の発売が予定されているiPhone8への搭載が大いに期待されているのです。

2017年の夏季に発売が予定されているiPhone8はワイヤレス充電ができると予想されています。ワイヤレス充電の場合、今までであれば充電器において充電をする必要がありました。しかし、今回のiPhone8の場合には、供給装置の範囲内にいれば、充電器に置くことなく充電が出来ると言われています。供給装置の範囲内にいればiPhoneを使いながらでも充電をすることが出来ると考えられているのです。まさに夢にような装置と言えるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ