iPhone8の端子周りは大々的に変更される可能性が大?

iPhoneの最新機種であるiPhone8は、いろいろな新機能が搭載されますが、それと同時に端子周りが大きく変更されることが予想されています。iPhoneのLightning端子が廃止されるという噂もあります。このようなiPhone8の端子周りがどのように変更するのか、知っておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の端子周りはどのように変更するの?

iPhone8の端子周りについては、アダプターが変化するという情報があります。今までiPhoneに搭載されていたLightning端子が廃止され、新しくUSBタイプC-Lightningアダプターが搭載されます。このため、従来よりも安定したデータ送信などが可能になるだけでなく、データ容量も上がります。このように、Lightning端子が変更されることが大きな変化です。

iPhone8の充電方法が変化するとはどういうこと?

iPhone8の充電方法として新たに搭載されると言われているのが、ワイヤレス充電です。ワイヤレス充電とは、文字通り端末いつなぐことなく充電できることです。多くのスマートフォンでも機器におくだけで充電ができるワイヤレス充電は開発されていますが、iPhone8については、給電装置を部屋につけるだけで部屋に居ながらにして端末を触りながら充電することができるという画期的な機能が搭載されると思われています。

iPhone8の端子まわり、やはりイヤホンジャックは廃止?

iPhone8ではLightning端子の廃止が考えられていますが、イヤホンジャックも同様に廃止すると思われており、イヤホンジャックの廃止のほうがより可能性は高いです。iPhone7では、防水性能向上のためにイヤホンジャックが廃止されていましたが、iPhone7より高い防水性能を誇るiPhone8だからこそ、このようなイヤホンジャックの廃止は継続されると考えられます。そのため、iPhone8については端子周りがすっきりとしたデザインになると考えられています。

iPhone8については、高い機能性とともに端子周りについても注目されています。Lightning端子が廃止され、そのかわりにより性能が高いUSBタイプC-Lightningアダプターが搭載されると言われています。また、iPhone8でも防水性能を上げるため、イヤホンジャックは引き続き廃止される見込みが濃厚です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ