iPhone8は非接触充電に対応?

iPhone8は非接触充電に対応するしくみとの情報が流れています。iPhone8を巡る非接触充電方式のあれこれを検討してみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8を巡る非接触充電のあれこれ

iPhone8がワイヤレス充電および遠距離充電を高速充電機能と共に搭載される見込みである事は、以前か噂されていました。そのために関連企業との提携あるいは契約解除など様々な動きが活発化しているとの情報も流れています。そうした中でいくつかの方式が案として浮上しました。その1つはWIFIを使ったオリジナル充電器の開発であり、またQiも浮上しましたしWATTUPの名前も上がりました。さらにもう1つこれこそ本命ではないかと称されているのがSmart Connectorです。iPhone8にSmart Connectorを搭載する事でこれぞ本命と目されている非接触充電を可能にするというものです。非接触充電とは電磁誘導方式を用いた遠距離充電の方法です。実はすでにiPAD proには搭載されていますが、今後iPhone8/7s/7sPlusへの搭載も進むのではないかとの見方が広がっています。Smart Connectorはapple独自の開発ですから、いずれ独自開発の充電方式を持ちたいとのAPPLE自身の方向性にも合致している事を考えるとSmart Connectorの利用範囲が拡大するとの見方は方向性としてはあっています。Smart Connectorの採用によってARやVRへの接続もスムーズにできるようになります。

Smart Connectorについて

Smart Connectorは現在iPADに搭載されていて給電と受電の両方の動作をする働きがあります。バッテリや充電の必要がありません。これ1つでプラグにもなりますからコードレスを目指す電化製品への採用に最適です。ただしiPhone8への採用は現時点ではまだ検討されていないようです。現時点で有力視されているのは電磁誘導方式での非接触充電です。案として上がっているのはwattupという方式です。Wifiにやや近い性質があり5m離れた地点でも充電が可能ですから、もしもiPhone8に採用されるとしたらこちらの方が現実的です。壁などに設置された給電コイルから発信された電磁波をiPhone8などの受信機が拾って起動するというもので、放電された電磁波に方向性をもたせるためのモジュールが別途必要になる場合もあります。iPhone8ではAR機能やVR機能への接続をスムーズにする給電方式を必要としていますから、高速。遠距離・コードレス給電方式の開発は急務なのです。コード式充電と比較して給電量が安定していないのが今後の課題となります。

WATTUPが最有力候補

iPhone8に採用されるのではないかと急浮上しているのがwattupという方式です。多くのモバイル端末に標準装備されているBluetoothとRF波の掛け合わせたような技術が基本になっており12台まで充電可能です。現時点では5m以内で作動します。さらに10m先まで作動可能となるように研究が進んでいます。Qiの採用もまだ否定されていませんから今後両者の間でいずれかの方式に絞られる可能性があります。明確な事は発売されてからでないとわからない面はあります。

iPhone8が非接触充電を採用される方向性は変わらないと思われますが、どの方式を採用されるかは未定です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ