iPhone8のバックアップ方法、iTunes設定、他まとめ

iPhoneを新しくiPhone8に買い替える場合に必要になるのはバックアップとなります。これをしっかりと行っておけば、データ引継ぎも簡単に終わるので、必須の行いといえるでしょう。むしろ行わないと引き継がれないので大問題となります。そこで、今回はiPhone8を購入するためにデータ引継ぎのためバックアップする方法を記載します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneバックアップの基本はiTuensを使う

iPhoneのバックアップ方法として最も基本となっているのがiTunesを使うことです。うやり方も非常にシンプルで、手持ちのiPhoneをパソコンと接続してiTunesを起動し、接続されたiPhoneをiTunes上で表示して概要をクリックして、バックアップ先を聞かれたら接続しているコンピュータを選び、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れたのちにパスワードを設定して、今すぐバックアップをクリックするだけです。それだけでパソコン上にiPhoneのデータがバックアップされます。ただし、先ほど入力したパスワードは必ず使うことになるので、iPhone8に移し替えるまではどこかにメモして保管してください。

復元するときもiPhoneとiTunesに接続して、「新しいiPhoneへようこそ」といわれたら「このバックアップから復元」といった言葉が出てくるのでそれを選択すると、先ほどバックアップしたデータから復元されていくことになります。ここでパスワードを聞かれるので、先ほど入力したものを忘れずに覚えておきましょう。

iPhone8を購入予定でパソコンがない方は

パソコンがある方はiTunesを使うことが最も一般化しておりますが、パソコンを持っていない人もいるでしょう。その場合は、もう一つの有名なやり方となっているiCloudを使ってバックアップを行う必要があります。やり方も簡単なのですが、これには大きな欠点があるのです。

iCloudのバックアップはパソコンを使わないのでiPhoneのみで作業が進むのでiPhone8にもそのやり方を用いようとする方は多いのですが、有料契約をしていないと領域が5GBしかありません。これはアプリや写真などが多く入っている人だとNGになるということです。そのため、写真や動画などは別の方法で保存しておいたほうがいいでしょう。

iPhoneのデータ引継ぎはバックアップからそのデータを復元するというやり方となりますので、iPhoneに慣れている人たちは特に不自由なくその作業ができると思います。iPhone8になったためやり方が変わるとは考えられないので、今までどおりの方法でいきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ