iPhone7sのハードケースにはたくさんの種類がある

iPhone7sは新機能が充実する一方でデリケートさも増し、これまでのシリーズ以上に衝撃吸収性にすぐれた保護アクセサリーが必要になります。気が早いようですが、iPhone7sではリリース前から保護ケースの新作情報がたてつづけにリークされ、コアなiPhoneファンたちの間で注目の的になっていました。ケースを選ぶ基準はひとつではありません。iPhone7sの正式リリース前にケースについての予備知識を仕入れ、傾向と対策を練っておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

進化するハードケース!アクセサリーでiPhone7sの魅力を引き出そう

初期のiPhoneシリーズでは、保護アクセサリーの役割はきわめて初歩的なものに限定されていました。つまり、「端末がこわれないようにする」というだけで、保護ケースとしては合格点だったのです。防水や防塵機能が本格的に実装されたのは実はかなりあとのことで、iPhoneの歴史においては「衝撃から端末を守れれば充分」という時代が長くつづいていました。流れが変わったのは、iPhone誕生から数年後のことです。この頃になるとユーザーはたんなる保護ケースでは満足できなくなり、機能性、衝撃吸収性、ファッション性とハードケースにも付加価値をもとめるようになりました。そうしたユーザーのニーズにこたえるかのようにハードケースのバリエーションも多様化し、保護ケースそのものの選択肢も飛躍的に広がっていきました。たとえばブックタイプは本体をほぼ完全に覆うデザインとして開発され、まるで文庫本を読むような感覚でiPhoneを操作できることからオシャレなアクセサリーとしても定評があります。

ビジネスにも最適!クールなハードケースで仕事の能率アップ!

保護ケースをかしこく選ぶうえで重要なキーワードが「汎用性」です。iPhone7sは基本的に朝から晩まで、オフィシャルな面からプライベートまであらゆるシチュエーションに違和感なく調和させる必要があります。堅苦しいビジネスシーンを考えるとついつい無難なデザインでまとめたくなりますが、それはせっかくのiPhone7sの魅力を半減させることにもなり、非常にもったいないことです。たとえフォーマルな席で使用するiPhoneであっても、ハードケースのカラーデザインを工夫することでちょっとした遊び心を演出することは充分可能です。日本においてiPhone端末のデコレーションが最も自然なのは女子高生だと言われています。若い女性にとって、iPhoneのハードケースはひとつのアクセサリーなのです。派手なデコレーションがどうしても苦手という方はあえてスケルトンのハードケースを選ぶだけでもある種の自己演出になります。

初期の頃はシンプルな保護機能しかついていなかったiPhoneの保護ケースもシリーズを経るごとに改良がくわえられ、最新モデルでは完全防水機能が当たり前に搭載されるまでになってきています。また、保護ケースはもはやアクセサリーの一部でもあり、若い女性はファッション性を重視して保護ケースを選ぶそうです。耐久性を売りにしたタフネスタイプやデザイン性を優先したスケルトンタイプなど、ケースの選び方は無限大です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ