iPhone7sのキーボード設定をして便利に使う

何気なく使っているiPhoneのキーボードは、買ったときからそのままの設定であったりそもそもキーボード設定を変えることができると知らない人もいます。今後発売されるであろうiPhone7sもキーボード設定ができますので、入力を早くするためにも知っておくとよいです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneのキーボード設定を変えたほうが良い!?

iPhoneの機能にはいろいろありますが、キーボード設定についても変えたほうが良いでしょう。それだけで入力が楽になるからです。iPhoneには、英語キーボードでありながら日本語入力のような機能もあります。そしてその機能では英語の入力が遅くなりますし、使いづらいです。また、勝手に英語の入力時に最初の文字を大文字にしたり、自動修正をしたりする機能があります。これに関していえば、自分が入力した文字がそのまま反映されるわけではありませんので使いづらさを感じる人も少なくありません。こういった使いづらい機能をオフにして使いやすいキーボードに設定することで入力が早くなるでしょう。

iPhoneのキーボード設定方法とは?

iPhone7sにおいても設定画面からキーボード設定ができます。ホーム画面から設定をタップし、一般ンをタップします。そうするとキーボード設定画面が出てきますので、そこで不要なキーボードを廃止したり、キーボード設定を変更できます。キーボードは日本語ローマ字を選択します。また、何かを入力すると絵文字に変換する絵文字キーに関しては、絵文字を使わない人はオフをしておくのも良いでしょう。停止した際の機能を復活させたい場合は、新しいキーボードを追加からふたたび復活させることもできます。このように、自分の使うキーボードにカスタマイズしておくと便利です。

iPhoneのキーボードで設定できる便利な機能

iPhoneには便利な機能がたくさんあります。たとえば、フリック入力で文字を入力できる機能もあります。これは、同じ文字を入力するのに何度も入力しなくていいので早くなります。そのうえ、英語の入力の際にCapsLock機能を設定しておくと一度大文字にするとその後も大文字にできますし、英語で入力する際スペースキーを二回入力するだけでピリオドを打つこともできます。また、よく使う単語はユーザ辞書で登録することもできます。ユーザ辞書へ登録して使えるのは単語だけでなく顔文字もそうですので、自分の使いたい顔文字を登録することもできます。キーボード入力を設定すると、自分の好きなようにカスタマイズできますし、iPhone7sについてもこれは同様です。

iPhoneはキーボード入力設定がありますので、この設定を自分に使いやすいようにカスタマイズすることができます。また、辞書機能がありますので自分の良く使う単語を登録することもできます。この便利な機能を使うことで、iPhone7sにおいても機能性はかなり上がるとおmを荒れます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ