自撮りするときに使いたい! iPhoneのRetina Flash機能

SNSやカメラアプリの普及により、インカメラを使用して自撮りする方が多くなっています。
このページでは、iPhoneのカメラ機能“Retina Flash”を用いた、簡単かつ綺麗に自撮りできる方法をご紹介します。iPhoneユーザーは、ぜひお試しあれ。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Retina Flashとはどんな機能?

Retina Flashとは、自撮りをする際に画面全体が光ることでフラッシュ代わりになる機能のこと。通常時よりも3倍明るくなるとされ、実際の撮影時には被写体の周りの明るさに合わせて画面の光が調節されます。

使用方法はとても簡単。まず、カメラを起動させて切り替えアイコンをタップし、カメラをインカメラに変更します。それから、画面上部の右側にあるフラッシュアイコン(雷マーク)をタップし、フラッシュの設定をオンにしましょう。自動だと周囲が明るい場合には発光しないため、周辺の明るさに関係なく強制発光するオンにします。準備はこれで完了です。あとは、iPhoneの画面上にフラッシュアイコンが表示されているとき、シャッターボタンをタップするだけ。そうすることで、撮影と同時に画面が明るく発光し、面光源のフラッシュとして利用できます。

Retina Flashは、“自分のいる前方が暗く、後方が明るい場所”や、“部屋は明るいのに照明の位置に偏りがある場所”などで自撮りをする際に大活躍してくれます。前者の場合は前後の露出差を縮めてくれ、後者の場合は照明の位置に偏りがあることで生まれる、顔の不自然な影を和らげてくれます。目の下のクマを薄くし、目に光を写し込むことで健康的に写ります。
ここで1つ注意点。あまりに暗い場所で撮影すると不自然になってしまいます。Retina Flashは画面がフラッシュになるため、光が顔の下側から当たります。暗がりで撮影する際は、iPhoneを上下逆さまにしておくとこの問題を解消できますよ。

自撮りライフをEnjoy!

いかがでしたか? Retina Flashを使うと、いつもより綺麗に自撮りができます。iPhone7にもこの機能は搭載されているかもしれません。くわえて、iPhone7ではもっとカメラ機能が向上している可能性があるので、より自撮りライフを楽しめるかも。iPhone7の発売が楽しみですね。

畑

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ