iPhone7sのバッテリーは長持ちするのか

発売が今から待ち遠しいiPhone7sですが、iPhoneユーザーからすると「バッテリーの持ちはどうか」というのは気になるところですよね。そこで、ここではiPhone7sのバッテリーは長持ちするのかということを検証してみたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 > iPhone7sのバッテリーは長持ちするのか

消耗が激しいのは使い方に問題があることも

「iPhoneはバッテリーの消耗が激しいからさ~・・・」などという話を耳に挟むこともありますが、バッテリーの消耗が激しいのは利用者の使い方の問題であるケースも少なくありません。単純に使用している期間が長くなるとバッテリーは劣化していきますし、バッテリーの持ちが悪くなるのは当然なのですが、それ以上にユーザーの使い方に問題があるケースが多いのです。

自分のiPhoneはバッテリーの持ちが悪いと言っている方に限って使い方に問題があるケースがほとんどです。使ってもいないアプリを起動させたままにしたり、必要以上に充電を繰り返したり、無駄にディスプレイを明るくしていたりすることも多いです。バッテリーそのものに問題があることもありますが、その前にまず使い方を見直してみることも大切です。

iPhone7sのバッテリーの持ちはどうか

ここから本題に入りたいと思いますが、iPhone7sのバッテリーはこれまでのiPhoneよりも持ちがよくなると考えられています。どうしてかということですが、まず新しく発売されるiPhone7sには有機ELが採用されると言われています。ディスプレイに有機ELを採用することによってバッテリーの持ちが今までよりも良くなると言われているのです。

有機ELはバッテリーの消耗を抑えることができると言われています。どれくらい抑えられるのか、何パーセントほど抑えられるのかというデータはありませんが、今までよりバッテリーが長持ちするのは間違いないのではないでしょうか。iPhone7sにはさまざまな新機能も搭載されると言われていますし消耗が気になる方は多いでしょうが、バッテリーの持ちはあまり気にしなくていいかもしれません。

消耗しない使い方を覚えることも大切

有機ELを採用することでバッテリーの持ちを良くすることができると言われていますが、やはり最終的にはユーザーの使い方次第です。いくらバッテリーの消耗を抑えられる有機ELを採用しているからといって無駄にバッテリーの消耗を招くような使い方をしているとバッテリーの持ちは自然と悪くなってしまうでしょう。

バッテリーを長持ちさせる方法、正しい使用方法を知っておくということは大切ですから、まずはそれを覚えることではないでしょうか。もしかすると今使っているiPhone6や7もちょっとした工夫だけでバッテリーの持ちがよくなるかもしれません。バッテリーを無駄にしてしまうような使い方をしている方だとiPhone7sに変えても劇的な変化は期待できないでしょう。

iPhone7sのバッテリーはこれまでのiPhoneに比べると良くなると予想できます。ただ、先ほどもお話したように間違った使い方をしないことが大切です。iPhone7sに変える前に、まずはバッテリーを無駄にしない使い方、長持ちする使い方をマスターしておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ