iPhone7sでの連絡先の管理方法とは

他のスマートフォンや携帯電話、パソコンのように連絡先を管理するのであれば何かアプリが必要なように思えますが、実はiPhoneにおいては連絡先を管理する機能がもともとあります。ですので、今後発売が予定されているiPhone7sを欲しいと思っている人も、iPhoneそのもので連絡先を管理する方法をしておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sで連絡先を管理するには?

最新のiPhoneには、これまでのiPhoneからさらに優れた機能がいろいろと追加され、都度アップデートがされているのですが、その中でも優れているのが本体で連絡先を管理することができる点です。これは、今後発売が予定されているiPhone7sについても同様にいうことができます。iPhone7sの機能で連絡先を管理するには、iCloudやGmailで連絡先を管理するという方法があります。たとえば、Gmailアカウントを登録したときに連絡先やカレンダーの情報をiPhoneで利用売ることができるように設定します。そのため、機種交換をしたり本体が故障したりした際も、連絡先を新たに登録する必要はありません。Gmailで連絡先を管理するのはメジャーな管理方法などのです。

iCloudで連絡先を管理するにはどのようにすればよいの?

iCloudは、すべてのiPhoneに連動しており、Appleによって提供されているクラウドサービスとなります。端末にある情報を同期して保存することが可能です。あらかじめ同期設定をしておくと、連絡先を新たに登録したときにいちいち同期処理をする必要はありません。iCloudの中には画像や動画を保存することができる仕組みもありますが、iCloudのなかの「連絡先」という機能を使えば、iPhone端末そのもので連絡先を管理できます。これは、最新のiPhoneと予想されているiPhone7sについても同様であると思われています。iCloudの連絡先を管理するには、あらかじめ設定したAppleIDとパスワードを入力するだけでよく、しかもグループ管理までできます。

iPhone連絡先を管理する機能はiCloudとGmail

iPhoneでインストールすることのできるアプリはたくさんあり、中には高性能な連絡先アプリもありますが、とりあえずiCloudとGmailで管理をすれば、使いやすいですししっかりと管理できます。もちろん、どちらかだけで管理をしてもかまいません。初めてiPhoneを使用するというユーザーでも、現在使用している連絡先をGmailで管理していれば、Gmailの連絡先をエクスポートして、iCloudの連絡先を開いて読み込むことで、iPhoneで管理することができます。このように、特段アプリを使わなくても優れた機能です。

iPhone7sで連絡先を管理する方法としては、iCloudとGmailがあります。iCloudの連絡先機能であれば、端末をなくしても安心です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ