iPhone7ではより快適なインターネット接続になりそうです

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneをお使いの方の中には、その通信機能を利用してインターネットへ接続し、サイト閲覧や動画鑑賞、ゲームなどを楽しんでいる方が多いと思います。

しかし最近では大容量のデータをやり取りすることが増えていますから、接続速度が遅い古いモデルをお使いの場合、データのやり取りに時間がかかったり通信が混雑していて接続できなかったりして快適に楽しめないことがあると思います。

そのため今年の秋に発売が予想されているiPhone7の購入を考えている方は、通信機能がどのように改良されるのか気にされていると思います。iPhoneに使われている通信機能はモデルチェンジするたびに改良されていて、現行モデルのiPhone6sシリーズではQualcomm製の「MDM9635M」というLTEモデムが搭載されています。

このモデムは2波キャリアアグリゲーションという無線通信を安定かつ高速化する技術を採用し、下り最大300Mbpsという接続速度を実現しました。これは先代モデルのiPhone6シリーズの2倍の速度で、これにより大容量のデータをやり取りする場合や通信が混雑している場合でも快適に接続できるようになりました。

iPhone7では、3波キャリアアグリゲーションの技術を導入し下り最大450Mbpsの接続速度を実現した、インテル製のLTEモデム「XMM7360」を搭載し、さらに接続速度を改良してくるものと予想されています。iPhone7ではこれまで以上に快適なインターネット接続を期待できそうです。

水辺

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ