【さらに見やすく?】iPhone8、平面ディスプレイ採用で縦長化

iPhone8には、平面ディスプレイが採用されるのではと噂されています。そもそもこの平面ディスプレイはどういったもので、どんなメリットがあるのでしょうか。また、iPhone8には本当に採用されるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

平面ディスプレイとは?

平面ディスプレイとはその名の通り、ディスプレイ部分が平面になったタイプのことを言います。反対に、丸みを帯びたデザインとなったディスプレイを曲面ディスプレイと呼びます。曲面になると、画面が少しカーブがかっていることにより、光の調整によってフラットな状態に見えるといった効果があります。これが採用されるとより画面の見栄えが良くなるとして、注目されていました。しかし、現状ではまだiPhoneにこの曲面ディスプレイは実装されておらず、iPhone8も平面ディスプレイになるのではないかと予想されているようです。

平面ディスプレイのメリット

平面ディスプレイが採用されるだろうと言われているiPhone8ですが、じつはメリットもあります。それは縦長でよりワイドな画面になると予想されている点です。iPhone8では、ホームボタンがなくなり、画面内に組み込まれる形になるのではないかと考えられています。これによって画面がさらに広くなるため、これまでよりも操作がしやすくなりますし、画像や動画もワイドな画面で楽しむことができます。その画面サイズは、アスペクト比率で9:18程度とかなり大きめになるのではないかと予想されているようです。

iPhone8に適用される可能性は高い?

ここまで紹介したように、iPhone8には平面ディスプレイが採用される可能性が高いと考えられています。一時期は曲面ディスプレイが採用されるのでは?と噂されましたが、とあるアナリストの見解によると、これまでと同じくフラットデザインになると言います。実際のところ、まだどちらが採用されるのかは定かではないため、時間を置いてまた予想も変化していくかもしれません。どちらになるのか、随時情報をチェックしておきましょう。

iPhone8で搭載が予想されている平面ディスプレイについてご紹介しました。平面になることで残念と考える方もいるかもしれませんが、ワイド画面になり、これまでより大画面で動画やアプリなどを楽しめるのは嬉しいところでしょう。縦長がトレンドとされるiPhoneのデザイン。実際にどんな形になるのかは、発売まで楽しみに待ってみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ