iPhone8の通信速度が遅いって本当?

デザインやスペックなど前評判上々のiPhone8ですが、通信速度にかなりの制限ば加えられる見込みです。快適なネット環境を期待していたユーザーにとっては残念な現実となりそうですがなぜそのような事になってしまうのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の通信速度を支えているサプライヤー

iPhoneは歴代2つの異なるサプライヤーからの高速通信の提供を受けていますから、iPhone8も同様にいずれかからの提供を受けるはずですが、諸事情により1つに絞られる可能性が確実です。2つのうち1つは最高峰の通信速度を誇り多くの競合社に導入されているのですが、iPhone8に供給予定の通信は次レベルのものゆえ通信速度に関しては、他社より通信速度が遅れる可能性があります。快適な動画配信や音楽ダウンロードを楽しみにしていたユーザーにはまことにさみしい結果になるかもしれません。出荷されてからでなければ実際のところはどうなのかはわかりかねる部分ではあります。今のところ通信速度以外の部分では完成度の高い機能性豊かなものになりますから、他の部分で楽しめるのではないでしょうか。

通信速度が遅くなるのは速度制限を受けているため

なぜ通信速度が遅くなるかと言いますと最も考えられるのは、通信速度制限を受けているという事です。たとえばソフトバンクの場合は契約プランの基本データー量によっても若干の違いはありますが、最高7GBまでは無難にダウンロードできます。これを超過した場合は請求月末まで速度制限を受けますから最長2ヶ月間は通信速度が遅くなる事になります。他競合社の場合も通信速度制限を受けるぎりぎりの速度は7GBで一緒ですが、月末までの比較的短い期間です。通常の速度に戻るのはソフトバンクの場合請求締め日の翌日になります。これを解消するには追加でデーター容量を購入するしかありませんが、さほど高額ではありませんから大容量のデーター通信を受ける可能性があるようなら、あらかじめ購入しておくのが良いでしょう。

iPhone8では通信速度の遅れにどう対処するか

現在提供できる最高の通信速度を目指して開発に尽力している過程にありますから、まもなく到来する発売日に間に合わない可能性が強いのです。そこで競合社よりも性能を落とした状態で製品提供される見込みです。実はiPhoneの通信速度が急に遅くなるという現象は以前からありましたが、キャリアにもよるのです。特に利用が集中する時間帯は遅くなる可能性がありますから、なるべくそうした時間を割けて利用するなど工夫をすれば、通信速度を気にする事なく快適に使えるはずです。朝や昼休みまたは夕方を避けるとかWIFIを利用してみるとかなどはおすすめです。逆に言えば朝の通勤時間を含めて暇な時間帯の利用はぐっとがまんして、夜間に利用してみるというのが最も快適に使えるという事です。

iPhone8はデザイン・機能性・スペックなどあらゆる面が斬新で大変魅力的なのですが、通信速度だけは他社を抜けない可能性があるなど課題は残りますが、工夫と考え方1つで解決できる問題でもあります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ