iPhone8ではアップルペンシルに正式対応との噂

携帯端末をまるで紙のノートのように自在に使いこなすことを可能にするアップルペンシル。当初はタブレット端末での使用をメインに考えられてきましたが、iPhone8ではいよいよ本格的に実装されるのではとの期待が広がっています。アップルペンシルの導入によって、iPhone8の使い方にどのような変化が起こるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

そもそもの基礎知識!アップルペンシルでできること

アップルペンシルそのものはiPhoneのタブレットシリーズですでに実用化されており、iPhone以外のキャリア端末でもその利便性が証明されています。アップルペンシルとはつまり「電子化された鉛筆」のことであり、タブレット端末をあたかも1枚の紙であるかのように使いこなすためのツールなのです。もちろん、アップルペンシルだけではほとんど意味をなしません。ペンシルと連携したアプリをインストールすることによってタブレットはノートにもなればキャンバスにもなり、ユーザーの好みに合わせた使い方ができるようになるのです。iPhone8ではさらに画面のスクロールなどもアップルペンシルで行えるようになるとのうわさが広がっています。これがもしも実現されれば指紋による画面汚れを気にする必要もなくなり、食事中などで指が汚れている時にも安心してiPhoneを操作することができます。「iPhoneは指で操作する」という現在の常識も、数年後にはあっけなく覆されるかもしれません。

iPhone8でアップルペンシルを実装するにあたってのハードル

まったく新しい携帯端末の使い方を可能にしてくれるアップルペンシルですが、iPhone8での本格導入にはいくつかのハードルがあります。わかりやすいハードルとして挙げられるのがサイズの問題です。アップルペンシルはもともとタブレット端末でスムーズに使えるように設計されているため、タブレットよりも小型となるiPhone8でこれまで通り快適に使えるかどうかは正直なところ未知数です。しかしながら、アップルペンシルによってiPhoneの使い方が飛躍的に広がるのは確実であり、その実装が強く望まれているのもまた事実です。

iPhone8でのアップルペンシル対応に関しては現時点ではまだ憶測の域を出ていません。iPhone発案者のスティーブ・ジョブズ氏がiPhoneシリーズでのアップルペンシル導入に否定的だったといううわさもあり、本格導入がここまで遅れたのはその影響があるのではないかとの見方が広がっています。タブレットシリーズではすでにその利便性が認められているわけですからいつかは実装されると思われますが、iPhone8が果たしてそのタイミングなのか。業界関係者も注目されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ