iPhone8向けのアプリとは

同じiPhoneの最新鋭機種でも、iPhone7や7sとiPhone8ではわりと大きな違いが見られるといわれています。これにより気になるのが、iPhone8向けのアプリではないでしょうか。今やスマートフォンはアプリあってこその存在にすらなってきています。デバイスが変われば、操作できるアプリも変わってくるので、iPhone8にはどのようなアプリが登場するのか、注目されています。iPhone8の特徴も踏まえつつ、iPhone8向けにリリースされるであろうアプリを考察していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

アプリに関連深いiPhone8の新機能

あくまで予想情報でしかありませんが、iPhone8からはアプリ機能も大きな改革を迎えるのではといわれています。理由は、iPhone8本体の仕様にいくつかの変化が見られると予想されているためです。たとえば、デュアルカメラに3Dセンサーを搭載した、いわゆる3Dカメラです。2つの視点から像を捉えることで、両眼視差の立体映像表現が可能となります。すでに3D技術は広く見られますが、iPhone標準搭載ともなれば、大きな変化が期待できます。次に、ホームボタン廃止による大きな画面領域です。前面全体が表示画面となるため、のびのびとしたアプリ操作も可能となります。iPhone8におけるアプリの動向は、これら新機能情報から予測が可能です。

3Dカメラを活かしたアプリ

iPhone、そしてアプリ双方において革命的となるであろう部分が、3Dセンサーつきのデュアルカメラであるいわゆる3Dカメラです。像を立体的に捉えられると、さらなる世界が見出せます。その代表格として注目を集めているのが、AR機能を活用したアプリです。現実に存在する映像に情報を付加して、新たな価値やおもしろさを創出するといったシステムです。すでに同系統技術であるVRと共に、広く注目を集めるジャンルとなっています。中でもマップと組み合わせた情報系アプリは、魅力的な存在になるのではと期待されています。その他専用アプリも、多岐に登場することが予測されています。

広い画面領域を活かしたアプリ

iPhone8の画面解像度は2,436×1,125になるといわれており、かなり広大な表示領域が予測されています。これはひとつ前の世代であるiPhone7も大きく上回る数値であり、主要な特徴のひとつとして注目されています。そして画面が大きくなることで期待されるのが、映像コンテンツの大画面視聴です。そのため、動画関連のアプリは盛り上がることが予測されます。またアプリゲームもより幅広い領域で表示されるため、さらなる操作性や新規ジャンル登場なども期待が持てます。ARアプリと合わせて、注目すべき点となることでしょう。

iPhone8は、これまで以上に高度な機能を詰め込んでいることが予測されています。中でも代表的なのが3Dカメラと広い表示領域です。これらによって、iPhone操作のみならず、アプリ機能についてもさらなる展開が期待できます。主にはARアプリや、動画、ゲームアプリなどです。手のひらサイズのデバイス上で、片手にはゆうに収まらないほどの世界が楽しめるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ