他人と差をつけるiPhone7sのソフトケースの種類の多さ

アクセサリーとしての需要も高まりつつあるiPhoneシリーズのソフトケース。iPhone7sでは過去シリーズの定番にくわえ、最新のエッジスクリーンに対応した高性能なソフトケースも続々とリリースされる見通しです。ビジネスでもプライベートでも、ライバルに一歩差をつけるケース選びのポイントについてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ソフトケースだけでもなぜこれだけの種類があるのか

端末そのものの高機能化もさることながら、周辺アクセサリーの充実度もiPhone7sの魅力のひとつです。素材だけに着目しても、オーソドックスなシリコンから耐久性に特化したセラミド素材まで実に幅広いラインナップが用意されており、iPhone上級者であってもどのケースを選べば良いのか戸惑ってしまうことも少なくないそうです。カラーバリエーションも豊富で、定番のホワイトやブラックからファンシーなピンク、大人っぽさを演出するワインレッド、本体のボディラインを存分に見せつけるスケルトンタイプまで、ユーザーの多様なニーズに合わせて種類も細分化されています。

男らしさを強調するソフトケース選び

ソフトケースは今や端末を衝撃から保護するだけでなく、自己アピールのツールとしての側面ももっています。ソフトケースをアクセサリーの一種として考えれば、自分らしさをより表現するためにオリジナリティを追求するのは当然のことです。女性から見てクールに感じられるキーワードはずばり、「スマートさ」と「知的さ」です。iPhoneのケース選びにこのふたつのポイントをさりげなく取り入れることができれば、女性から「この人ともっと話したい」と思われるでしょうし、ビジネスでも一目置かれる存在になれるはずです。知的さとスマートさを演出するソフトケースとしては落ち着いた色合いのシリコン素材が最適であり、ビジネスからプライベートまで幅広いシチュエーションに調和させることができます。

彼氏から見てカワイイと思う女性のiPhoneソフトケース

女性の場合、iPhoneそのものをアクセサリーのひとつとしていろいろなデコレーションを楽しんでいるケースが多いようです。カラーバリエーションモ重視されており、10代から20代前半まではファンシーなワントーンカラー、30代以降は深みのある落ち着いたワインレッドなどが好まれる傾向が強いようです。本体とのカラーコーディネートをより強く意識するのも女性の特徴で、男性にくらべてiPhone7sをファッショナブルに使いこなすことに長けている印象があります。

ソフトケースひとつとってもiPhone7sではさまざまなバリエーションが用意される見通しとなっており、iPhone初心者は一体どれを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。端末を衝撃に強くしたいのであればシリコン素材の製品を選ぶのが無難でしょうし、スタイリッシュなボディラインを楽しみたいのなら透明なタイプのケースを選ぶと良いかもしれません。カラーコーディネートも大切な要素で、年代や性別に合ったケースを選ぶことで自己表現ツールとしても使うことができます。ソフトケースはアクセサリーの一部という意識をもてばケース選びがいちだんと楽しくなることでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ