iPhone7sにおける期待の新機能とは

iPhoneが発売されてちょうど10年目の節目の年に開発されているのが、今後発売が予定されているiPhone7sです。まだ発売前でどのような機能があるかまでははっきりとされていませんが、最先端な高機種であることは間違いないでしょう。iPhone7sのどのような機能が優れているのか、考えておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sで向上すると思われる基本的な機能

現在発売されているiPhone7でも高性能なスペックを誇っていますし安定した動作を長時間行うことができています。全スマホにおいてもトップレベルクラスです。iPhone7sに関してはそれよりも高い動作性を誇っていますので、容量の大きいファイルを開いてもアプリケーションが落ちることもなければ、動きがもさもさとして遅い、そういったこともないでしょう。保存できるデータの容量も大きくなることが予想されますし、動画をある程度たくさん保有することもできると考えられています。

iPhone本体の防水機能の強化

iPhone7ではiOS初の防水性能として着目されています。しかしながらiPhone7sについてはその防水機能をもっと拡大させていると予想されます。防水機能を実現するためにイヤホンジャックを廃止しiPhone7と同じような防水加工が施されているのはもちろん、さらに防水機能が強化されたり、防塵機能も付いていると言われています。そのため、プールや半身浴でもiPhoneが使えたり、不注意で水に落としても即座に処置をすればデータの消失が防げるのではないか、と期待されています。本体の強度も増しているため、より故障に強いiPhoneを実現していると思われています。実際にApple社は落下を感知すると自動的にバンパーが出てくるシステムの特許を取っており、これが搭載されれば不意の落下のダメージを最小限にとどめられると期待されています。

iPhoneのディスプレイが進化する

iPhone7sでは、今まで実現しなかった有機ELが採用されるのではないか、という見方もあります。ディスプレイが有機ELに進化すると、薄くて軽い画面を実現できるだけでなく、局面にも使えるので最大限枠を廃止した液晶が実現するのではないかと思われています。それだけでなく、バッテリーの消耗も抑えてより長時間iPhoneを操作できるようになるでしょう。これからのiPhone7sの発売とその機能には多くの人が期待を寄せています。

今後発売が予定されているiPhone7sは多くの機能性の向上が期待されています。本体が丈夫になって防水機能はもちろんのこと防塵機能も兼ね備えたり、バッテリーの持ちを良くして画面の薄型化、軽量化を実現すると言われている有機ELがディスプレイに採用されるかもしれないともいわれています。また、アプリケーションの作動時間も多くなりますのでより使いやすくなることでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ