iPhone7sの機種変更と新規はどっちがお得?

ここ数年は新型iPhoneが発売された半年から一年後に「S」がついたモデルが発売される傾向にあります。メディアによっては、iPhone7sは発売されずに、iPhone8が出ると予想しているところもありますが、どちらにしても現行モデルと比べて性能が上がることは間違いないでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sの予想スペック

スペックの予想としては、CPUが新しいものが採用されると思います。iPhone7ではA10というチップが採用されていますが、性能がアップしたA11が搭載される可能性が高いです。また、画面サイズですが、現行モデルのサイズに加えて、さらに大きいものが加わるかもしれません。

そのほか、メモリが原稿の2GBから4GBに増えれば、より快適にアプリを楽しめるようになります。本体の容量としては現行モデルと同じく、32GB、128GB、256GBで変わらないでしょう。しかし、iPhoneSEの容量が32GBと128GBになるなど、容量増加の波がきているため、もしかしたら一番低い容量が64GBになる可能性もあります。

機種変更のメリット・デメリット

今現在使っているスマホを機種変更している人も多いと思います。機種代金を2年の分割で購入している人がほとんどであり、iPhone6を使っている人では分割が払い終わった人やもうすぐ分割が終わる人も出てくるでしょう。

その際にキャリアと電話番号そのままで、iPhone7sに変える方法が機種変更になります。機種変更のメリットとしては、電話番号やメールアドレス、今のプランを継続して続けられることがあるなどがあります。また、今まで貯めていたポイントを活用できるのも大きな点です。キャリアにもよりますが、家族でまとめてポイントが貯まっている場合は、本体機種代金の値引きをすることも可能であり、新規で購入するよりも安くなることがあります。

機種変更のデメリットとしては、新規と比べて料金が高い場合が多いことがあります。特に後述するMNPと比べると機種変更のほうが月額料金がかかる傾向にあります。

新規のメリット・デメリット

新規で購入する方法は主に3つあります。今使っている携帯電話を解約して同じキャリアで新規申し込みする、今使っている携帯電話を解約して別のキャリアで新規申し込みする、MNPを使って別のキャリアに移行するという方法です。

一番おすすめなのは、最後に紹介したMNPを使って別のキャリアに移行するというものです。最初に紹介した方法では、同じキャリアに新規申し込みをするのですが、特に大きな割引などはありません。機種変更をした時と同じぐらいの料金になるため、あえて電話番号が変わってしまう新規を選ぶ必要はないでしょう。2つ目に紹介した方法も同様です。電話番号やメールアドレスが変わりますが、料金自体は変わらないです。

一方、MNPという方法であれば、今使っている番号そのままで別キャリアに移行することができます。MNPの魅力としては、割引施策が多く取られていることがあります。そのため、機種変更と比べてお得になることが多いです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ