iPhone7sの価格帯を知っておこう!

iPhone7sは、どのくらいの価格になるでしょうか。iPhone7sの価格帯を知っておこう!ということですが、まだ発売前ということもあって、価格について触れてみることにしましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

現行モデルの価格帯について

現行機種として販売されているのは、iPhone7ですが、こちらの金額は128GBのSIMフリーの場合、某価格サイトでは100500円からの販売となっています。この金額は高いと見るか安いと見るかは自由なのです。ただ、スマートフォンに関しては、そもそも分割払いの金額があって、2年契約になるわけですから、合計するとこれに近い金額になります。

iPhone7sの価格帯予想

では、iPhone7sの価格帯の予想ですが、結局のところは現行モデルとそこまで大きな差は出ないと予想されます。iPhone7sは、スペックや仕様が大きく変わることが予想されており、その点を考慮して考えてみると、金額的には大きく上がることが予想されなくもありません。新しい部品を使うことによって、製品コストが上がることは簡単に理解が出来るはずです

ちなみに、iPhoneそのものは日本国内においては4年連続での金額上昇が起こっています。2013年のiPhone5からiPhone6sまでを比較すると、その金額は実は3万円近く上昇しているのです。これは、為替レートの変動が影響しているわけですが、2010年をピークにしてiPhoneの金額は上がり続けているのです。当然ですが、中古の市場においてもそれは同様なのです。

日本市場では人気があるため高い

iPhone7sの金額は日本市場では現行モデルよりも上がることが予想されます。これは、単純にiPhoneという機種が日本市場にて人気があるためです。それから、タブレットとの同質化が進んでいることによって、タブレットが売れなくなってきているということにおいてもiPhoneが人気の理由があるのです。

例えば、iPhoneは動画配信をするのに適している部分があります。Androidの場合だと、設定をするのが面倒なところがありますし、音声の再生にも問題があります。ですが、iPhoneの場合はパソコンのスペックが十分であれば何の問題もなく扱うことが出来るのです。それに、インターフェースの面においてもカスタマイズはそこまで出来ないにしても、シンプルで使いやすくなっていることから、あらゆる年齢層に人から支持されているのです。だからこそ、日本市場ではiPhoneの買取は盛んに行われていますし、販売価格も旧式のものであってもそれなりの金額になるのです。

iPhone7sに関しては、10万円は普通にオーバーしてくることが予想されます。そして、その価格帯はしばらくの間落ちつく、もしくは購入希望者が殺到すれば、転売による更なる価格の高騰が予想されるのです。iPhone7sへの期待は高いことが考えられますし、マイナーチェンジで反響が薄かったと言われるiPhone6sでさえ、価格が高いことを考えてみると、やはりiPhone7sもそれに近い価格帯で販売されるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ