iPhone7sは電源ボタンにTouch IDを内蔵予定か?!

いよいよiPhone7sの発売も間近に迫ってまいりました。定例の9月はもうすぐそこです。待ち望んでいた割には、まだ心の準備ができていないアンバランスさを抱えながら、またひとつここで、かねてより気になっていたTouch IDの話しをいたしましょう。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sは電源ボタンにTouch IDを内蔵予定か?!

電源ボタンにTouch IDが内蔵される可能性は?

iPhone7sは10周年を記念した特別なモデルとして注目を浴びてきました。だから今回は一層、機能の充実に期待がかかっています。iPhone7sではついに、物理的なホームボタンを手放すことを決意したようです。そして、その代わりとなるもので、今一番有力視されているのが、Touch IDなのです。
そのTouch IDで問題なのが、設置場所です。ここ最近、議論の中心となっているのが背面に移動するのか。はたまたディスプレイに内蔵されるのか。だったのですが、実はまた新たなうわさが流れてまいりました。なんと、Touch IDを電源ボタンに埋め込もうとしているようなのです。どうやらApple社の取得した特許では、Touch IDを電源ボタンに埋め込んで、指紋認証を可能にするために、ボタン部分の素材を極薄のガラスにするとのこと。またそのガラスは強化のためにサファイヤガラスを採用するかもしれないとのことです。そして電源ボタンは縦長になるのではないかとの指摘もされているところから、やはりiPhone7sの電源ボタンにTouch IDは内蔵するのではないでしょうか。
Touch IDが電源ボタンに内蔵されると、ディスプレイが立ち上がっていない状態から使用する場合はとても便利だとは思いますが、Apple PayやApple storeで購入するときなどに、間違ってロックしてしまう可能性もあるのではないでしょうか。この辺りはどのように解決させるのか、気になるところではあります。

Apple社の本命はディスプレイ埋め込み式が最有力説?

ただし、Apple社としてはやはり、今の時点で一番有力な説としては、iPhone7sのディスプレイ内にTouch IDを埋め込んでしまいたいというのが、本音なのではないでしょうか。この件については、iPhoneのさまざまなサプライヤー側からも認めている情報のようですし、電源ボタンにTouch IDを内蔵させる案は、順位としてはそれほど高い位置にはないようです。それでも、背面にTouch IDのエリアを設けてしまうより、電源ボタン内に内蔵させる方がよほどスマートですっきりすることは間違いありませんよね。最悪でも、背面への移動だけは避けたいところですね。

iPhone7sはさまざまなうわさに翻弄されてまいりました。ディスプレイの仕様についてはその話題は尽きません。Touch IDがどこに設置されるのかも気になるところではありますが、今後のうわさにも敏感にとらえていきたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ