iPhone7sのディスプレイは5.66インチ?端末全体は5.8インチ?

以前から期待されていたiPhone7sですが、2017年9月発売という線が濃厚になってきました。しかしApple社はいっこうに情報を公表しない。そのためかあちこちからリークがあり様々な情報が流れてきます。今回はiPhone7sのディスプレイに関する情報をつかみました。端末サイズは利便性に影響します。この機会に詳しく見ていきましょう。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sのディスプレイは5.66インチ?端末全体は5.8インチ?

れまでより縦長の画面になる?その理由は「ベゼルレス」

台湾のKGI証券アナリストである郭明錤(Ming-Chi Kuo)氏は、以前にiPhone7sのディスプレイについての情報を公開していました。そこで画面サイズが5.8インチになると発表されていましたが、今やこの情報は更新されています。ラトビアのBenjamin Geskin氏は自身のTwitterで新たな画像を公開しました。そこにはiPhone7sのディスプレイについて、具体的な対角での寸法が書かれています。対角寸法は143.77mm、インチ数に換算すると画面のサイズは5.66になるのでは?と言われています。この画像を見る限りでは、ディスプレイではなく端末全体のサイズが5.8インチになるでしょう。iPhone7plusの5.5インチと比較して大きく、またかなり縦長の画面になっており、さらにディスプレイの角を丸くした「2.5Dラウンドエッジ加工」が施されているのが特徴的です。
この縦長の画面には理由があります。それは「ベゼルレス」であること。ここ最近スマホ業界ではベゼル、ディスプレイを支える枠の部分をどれだけ縮小できるかという競争が行われています。

ベゼルがなくなることで、ユーザーに何のメリットがあるの?

改めてGeskin氏が公開したiPhone7sの画像を見てみると、端末全体、ギリギリまでディスプレイが広がっているのが分かります。こうなるとまず画面が見やすい。縦長ディスプレイは、特にTwitterやネットの掲示板などスクロールを多く必要とする場面で真価を発揮します。あまり指の動作が要らないので疲労感なくサイトを見ることができます。また写真を撮影するときに被写体や背景が広範囲に入るので、集合写真の確認もしやすいでしょう。しかしこれだけではありません。
iPhone7sはなぜベゼルレスにしたのか。ホームボタンを廃止したからです。ホームボタンをディスプレイに内蔵したため、その分だけ画面が広がりベゼルが要らなくなりました。スマホ業界がベゼルレスに向けて苛烈な競争をしているのは、単に端末の小型化を狙っているわけではなく技術開発の切磋琢磨をしているからです。

最新技術や機能を搭載したiPhone7s。今後どうなる?

ベゼルレス競争が白熱するなか、肝心のiPhone7sはどうなのか気になるでしょう。リーク情報を見る限り、iPhone7sは最新技術の採用によってベゼルレスに成功した可能性があります。ホームボタンを廃止してディスプレイに内蔵したと書きましたが、iPhone7sのディスプレイには発熱しにくくエネルギー効率が良いことで期待されている素材・有機EL(OLED)が使われているようです。このOLEDは従来の液晶に比べて熱がこもらないので、バッテリーの持ちが良くなるほか、情報処理スピードの改善もできるのではないかと言われています。まずiPhone7sはディスプレイにOLEDを採用することで端末自体に様々な機能を盛り込むことに成功したと思われます。話題の虹彩認証システムもそうですが、これまで仮想ボタンとして使われていたAssistiveTouchのようなシステムを利用して画面をタップすることでホームボタンを呼び出す形式になると予測されます。

まとめ

iPhone7sのディスプレイについて、具体的なサイズがリーク情報として流れました。対角寸法は143.77mm、インチ数に換算すると画面のサイズは5.66。これまでの機種と比べて縦長のディスプレイになるのではないかと言われています。さらにiPhone7sはベゼルを極限まで縮めた「ベゼルレス」になり、そのため物理的なホームボタンも廃止されるでしょう。ホームボタンが内蔵されるというファンクションエリアの具体的な機能はまだ不明ですが、実際に使う分には広範囲に画面が見られるなど、縦長・ベゼルレスならではのメリットもあります。
しかしこの新しいサイズに対応できるスマホ用サイトもまだ少ないため、どんな不具合が出てくるかは正直なところ分かっていません。今後に期待したいところです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ