iPhone7sではワイヤレス充電が可能?

iPhoneシリーズにおけるワイヤレス充電は、初期の段階からユーザーの間で強く望まれてきました。専用コードがなくても充電が可能になれば画期的ですし、ユーザーにとっても格段に便利になりますよね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

AppleがiPhoneシリーズのワイヤレス充電機能に本腰を入れないのはなぜ?

しかしながら、実際に発売された過去のiPhoneモデルを見てもわかるように、Appleとしてはワイヤレス充電の実装に本腰を入れていません。その理由についてはいろいろな憶測が飛び交っていますが、「たんにAppleがワイヤレス充電をそれほど重視していない」というのが大方の見方のようです。コードを持ち歩けば充電できるよね、ということなのでしょうか。

もう少し専門的な分析としては、ワイヤレス充電のための回路を組み込むと本体の厚さが増してしまうため、という見方もあります。ミリ単位の違いではありますが、軽量化を至上命題としてきたiPhoneシリーズにおいてたとえ1mmでも厚さが増すことは死活問題なのかもしれません。どんな理由にせよ、ワイヤレス充電の優先度が低かったということは言えそうですね。

そもそもワイヤレス充電って何?基本から徹底解説!

ワイヤレス充電というと、ボタンを押すだけで自動的に充電が完了するイメージをもつかもしれませんが、さすがにそこまでハイテクではありません。ワイヤレス充電とは「充電コードがいらない」という意味で、専用のマットのようなものに端末を置くことで充電状態になる機能を指します。

大ざっぱに言うと、電気をエネルギーに変換するための回路を端末内部に埋め込む必要があり、その分だけ本体の厚みが増すことになるので、軽量化を優先したいAppleはあえてこれまでワイヤレス充電には目をむけてこなかったと言われています。

また、穿った見方としては、ワイヤレス充電に切り替えると付属の充電コードが売れなくなり、利益の減少をきらったAppleが機能の実装を先送りにしてきた、という見方もあるほどです。これはさすがに飛躍しすぎのような気がしますが、iPhone7sでワイヤレス充電機能が搭載されればスマホの歴史にとっても大きな転換点となるのは間違いありません。

次世代のワイヤレス充電!太陽光充電の実現性

いささか気が早いようですが、iPhone7sには次世代を担う充電方式としてソーラー充電が注目されています。太陽光のエネルギーを充電に利用するもので、仮にこれが実用化されれば移動中であろうと仕事中であろうと光さえあればiPhoneを充電することが可能になります。現時点ではまだまだSFの域を出ていませんが、ワイヤレス充電のさらに先の充電システムとして実現する可能性は充分にあると考えられています。

これまでのiPhoneシリーズではワイヤレス充電が搭載されることはありませんでした。しかしながら、技術的にはすでに可能な段階であり、iPhoneユーザーからの待望論も根強いことから、iPhone7sではいよいよワイヤレス充電が実装されると期待する声が高まっています。2017年はAppleにとって重要な意味をもつ年であり、この年にあわせてあえてワイヤレス充電の搭載時期をずらしていたのでは、と分析する専門家もいるほどです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ