誰でもプロのカメラマン!iPhone7sのハイスピードセンサーとは

iPhoneシリーズではもはや当たり前となったハイスピードカメラ。最先端のテクノロジーのようですが、基本的な仕組みは意外にシンプルなので、初心者の方にも理解しやすいかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

基礎からわかる!ハイスピードセンサーの仕組みと使い方

iPhoneなどで動画を撮影すると、1秒の静止画像をさらに何枚ものフレーム(コマとも言います)に分割して再構成します。このあたりはアニメや映画の原理と同じですね。この時、何枚のフレームに分割するかによって動画として再生した時の鮮明さやスピードが変わってきます。

一般的に、分割する枚数が多いほど精度の高い動画となり、再生速度はその分遅くなります。ハイスピードカメラが別名「スローモーションカメラ」と呼ばれるのはこのためです。iPhoneシリーズではモデルチェンジごとに動画の鮮明さが上がっていると評価されており、iPhone7sではそのクオリティを維持しつつ、ただきれいなだけではない動画を撮影することが可能になると期待されています。

iPhone7sで動画をきれいに撮るシンプルなポイント

動画撮影のサポート機能が充実しているiPhoneシリーズ。便利な補正機能を使えば初心者でもハイクオリティな写真や動画を撮れるように設計されていますが、プロレベルの撮影テクニックを身につけるためには、補正機能に頼るばかりでなく、動画をきれいに撮るポイントをおさえておくことが重要になります。

iPhone7sでの動画撮影において、「何を撮るか」ということはあまり重要ではありません。デュアルカメラの搭載が当たり前となったiPhoneシリーズでは、どんな被写体であっても鮮明な動画におさめるスペックをもっており、基本テクニックさえおさえておけばまったくの初心者でも一定レベルの映像が撮れるようになっています。

撮影において重視すべきなのはむしろ「どのように撮るか」ということに尽きます。スローモーション動画はもともと瞬間的な動きをわかりやすく見せるものであり、長時間にわたる撮影には向いていません。動画ごとの特性を充分に理解し、「ハイスピードカメラでしか撮れない動画」を撮ることに集中すれば、自然とオリジナリティあふれる映像が撮影できるようになります。

SNSでも人気!動画にしたら面白い瞬間

ハイスピードカメラの普及によって、動画アプリでの投稿状況は劇的に変わりました。何気ない風景を面白く見せてくれるスローモーション動画は動画投稿型SNSでもつねに人気があり、たくさんのユーザーが日々動画撮影のテクニックを競い合っています。

注目動画に共通するキーワードは、動物です。ネコのくしゃみや犬のあくびなど、動物の何気ない一瞬をスローで見せる動画はSNSで不動の人気があり、あっという間にアクセス数が増えると言われています。iPhone7sのハイスピードカメラの実力を体感して、癒し系動画をたくさん撮影しましょう。

過去シリーズとの比較で考えてみても、iPhone7sでハイスピードカメラが引き続き搭載されるのはほぼ確実と言えるでしょう。補正機能もさらに充実し、初心者から上級者までプロ顔負けの動画が撮影できると今から期待されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ