iPhone7sに最適なヘッドフォンは?

勉強中、運転中、仕事中。iPhoneで音楽を聴くパターンは、暮らしのあらゆる場面にとけこんでいます。iPhone7sに最適なアクセサリー・ヘッドフォンを選ぶことで音質をさらに高めることにつながり、お気に入りの曲を最高のクオリティで楽しむことができます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ヘッドフォン選びが音楽の聴き方に与える影響

これまでのiPhoneシリーズでは、究極の立体感を出すことが最大の課題でした。とくにiPhone6以前のモデルでは音質がどうしても平板化してしまい、音楽としての奥行きが今ひとつ感じられない、というヘビーユーザーからの声がありました。

素人の耳には同じように聞こえても、専門的な視点から音質を分析してみるとたとえちいさな違いでも物足りなく感じられるのですね。コアなユーザーのニーズに応えるべく、iPhone7ではよりいっそう高度なサウンドシステムを採用。ヘッドフォンもそれに合わせて改良が重ねられ、曲そのもののポテンシャルを最大限に引き出せるようになりました。iPhone7sでは基本路線としては7の音響システムを踏襲したうえで、低音も高音も幅広く再現できるオーディオインターフェースの搭載が予測されています。

AppleのAirPodsが不発に終わった原因

iPhone7と時期を合わせて発売されたAirPods。世界的にもめずらしいワイヤレスイヤホンということで発売当初はかなり注目されましたが、いざフタを開けてみると、AirPodsは決して広く浸透したとは言えない状況にあります。

もっと直接的に、「AirPodsは失敗に終わった」と言ってもいいかもしれません。AirPodsが商業的に成功しなかったのはいくつかの要因が挙げられます。第一に発売時期はものすごく重要で、iPhone7のリリースから中途半端に間を空けてしまったためにユーザーの注目度が薄れた、と見ることができます。

価格設定も敗因の要因とされていますが、何よりも大きいのは本体のデザインでしょう。装着すると耳からうどんのようなものがのびているように見えるデザインはお世辞にも洗練されているとは言いがたく、世界的に受け入れるものではありませんでした。iPhoneユーザーはデザイン性を強く意識する傾向にありますから、その意味で時代のニーズを正確にとらえられなかった、ということは言えるのかもしれません。

AirPodsは残念ながら不発に終わりましたが、ワイヤレスイヤホンのニーズが消えたわけではありません。過去の教訓をふまえ、iPhone7sではデザイン性にもすぐれたアクセサリーとしても使いたくなるワイヤレスイヤホンを開発してくれることでしょう。

ワイヤレスの時代に!耳栓型イヤホンのすすめ

アクセサリーやヘッドフォンも便利なアイテムですが、よりファッショナブルな音楽の聴き方として耳栓型イヤホンをおすすめします。ワイヤレスイヤホンの一種で、耳にぴたりとフィットするデザインのため音質がよりクリアに聴こえ、周囲に音がもれにくいというメリットがあります。日本国内でもすでに実用化が進んでおり、洗練された次世代のAVアイテムとしても高く評価されています。

携帯端末で音楽を楽しむうえで、ヘッドフォン選びはとても重要です。iPhone7sでは表現できる音域がさらに広がり、音そのもののクオリティも格段に上昇することが予想されるため、これまでよりもシビアな基準でヘッドフォンを選ぶ必要があります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ