iPhone7sのシリコーンケースはあるのか

なめらかな使用感、iPhone7sを確実に守れる耐久力、アクセサリーとしてのファッション性……ユーザーがもとめるあらゆる要素をバランスよく詰め込んだのがシリコーンケースです。シリコン素材なので柔軟性と衝撃吸収性にすぐれ、なおかつ幅広いカラーバリエーションを組み合わせることで自分好みのデザインにカスタマイズすることができます。強さとやわらかさをかねそなえたシリコーンケースの特徴とメリットについておさらいしておきましょう。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

これぞ保護アクセサリーの鑑!頑強かつしなやかなシリコーンケース

シリコーンケースのいちばんの強みは、何といっても柔軟性と耐久性を絶妙なバランスでかねそなえているところです。タフネスケースのようにあらゆる衝撃を強くはじき返すのではなく、むしろその力をいったん吸収しながら減衰させていくそのテクノロジーは最新モデルでももちろん存分に活かされると見られています。すべりにくい特徴があるためポケットに入れておいても不用意に落下させる心配がなく、テーブルに置いて操作する場合も画面タッチがしやすいというメリットがあります。量産タイプのためリーズナブルであることもユーザーにとってはうれしいポイントであり、「ソフトケースやハードケースはシンプルすぎるけど、レザーケースは高級すぎてちょっと……」などとアクセサリー選びで悩んでいる方にもおすすめです。

初心者にぜひ教えたい!シリコーンケースのデメリットと使用上の注意点

柔軟性と耐久性をかねそなえたすぐれもののシリコーンケースであっても、もちろん万能ではありません。ショップで購入する際には、シリコーンケースの短所を事前に把握しておく必要があります。シリコーンケースの不便なところといえば、クリーニングが面倒である点です。短期間の使用であれば気にならないかもしれませんが、長い間使いつづけていると次第にほこりが目立つようになり、なおかつ一度ついたほこりはなかなか落としにくいという欠点があります。ほこりそのものでiPhone7sが故障する心配はほとんどありませんが、汚れがどうしても気になる人はダストコーティング加工の施されたタイプを選ぶのもひとつの方法です。また、滑りにくさは長所であると同時に、ポケットなどからとっさに取り出す場合はデメリットとしてもはたらきます。手になじみやすい分ポケットに入れた時に取り出しにくくなり、通勤や通学などで頻繁にiPhone7sをおサイフケータイとして使う場合は少しばかり苦労するかもしれません。ただしこの点についても摩擦を極力減らした加工などが工夫されており、初期の時代よりは格段に使い勝手が良くなったと評価されているようです。

ハードケースの軽さとタフネスケースの頑強さをあわせもつシリコーンケースは、手によくなじむ素材のため落下による故障をふせぎやすいメリットがあります。アクセサリーとしてのデザイン性はユーザーそれぞれの評価にゆだねられるところでしょうが、過去に何度も画面割れを経験している人にはぜひおすすめの保護ケースです。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ