新型iPhoneの初期生産が開始!

9月に発売予定の新型iPhone、時期的にはもう、初期生産が始まっている時期になります。そこで、現在噂されている、iPhoneの生産台数に関して、今回はご紹介します。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

年々記録を塗り替えるiPhone

年々記録を塗り替えるiPhone 前々回のiPhone5sと5cは5000万~6000万台が初期生産され前回のiPhone6とiPhone6PLUSを合わせて7000万~8000万台が初期生産されました。年々発表するたびに売り上げを更新し続けるiPhoneですが、今回発表されるiPhoneはいったい何台生産されるのでしょうか?

今年のiPhoneは更生産台数を増加!

今年のiPhoneは更生産台数を増加! 現在、次期iPhoneとなる、iPhone6sとiPhone6sPLUSの生産台数を年内までに8500万~9000万台生産するように要請しているという事です。これまでの、iPhone5sやiPhone6に関しても、需要に対して生産が間に合っていない状況でした、今年は、昨年に比べ、生産台数を1500万台~2000万台増加しての生産となりましたが。感圧タッチや新色モデルの追加、そして、simフリーによるハードウェアの変更だけでも乗り換え効果があるとみており、時期iPhoneの需要は過去最高レベルではないかと推測されています。

新型iPhoneを確実に予約をとる方法

新型iPhoneを確実に予約をとる方法 毎年、生産が追いつかず、入荷待ち状態のiPhoneですが、スムーズに予約が出来、手元に届くのも早い方法はどんなものなのでしょうか? 最も確立が高いのはキャリア公式のオンラインショップでの予約です。 公式オンラインショップの場合は、在庫が各直営店に並ぶよりも、絶対数が多いので予約が取りやすいです。 しかも、予約フォームでの入力も必要事項を入力するのに平均1分 慣れていない人でも、4~5分あれば完了と いちいち店で並ぶよりも時間が省けます。 特に例年のデータを参考にした場合、金曜日の16時から予約開始になると予想できます。 社会人の場合では時間を割き辛い時間ですが、オンラインショップの場合なら、パソコンや携帯からも入力できるので便利です。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ