iPhone8で使用される有機ELパネルは、どれくらい生産されたのか

iPhone8では、有機ELパネルが採用されるといわれています。これは、今までのガラス製のディスプレイとは違います。そのパネルは、iPhone8から使われるようです。ということは、有機ELパネルは、iPhone8に向けてたくさん生産されているということになります。それはいったいどんなことか、考えてみましょう。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

有機ELパネルというディスプレイの仕組み

「有機EL」は「有機エレクトリックルミネッセンス」のことです。特定の有機化合物に電圧を与えると発光するという仕組みを利用したパネルです。iPhone8では、ディスプレイに採用されると予想されているものです。この有機ELパネルの仕組みは、発光しても熱が起きません。熱くならないのです。仕組みとしては、LEDと近いものがあります。この仕組みを利用して、ディスプレイのほかに、VRゴーグル、テレビ、AR端末などに使われています。

有機ELパネルのデメリット

熱を持つことがないという有機ELパネルです。これのデメリットとは何でしょう。それは、ガラスのディスプレイよりも高額であるということです。テレビのディスプレイに採用することでも、高価格がネックになっているそうです。それは、まだ技術的に確立されきっていないというところに原因があるようです。iPhone8でディスプレイになることで、ひとつの完成形となることが期待されますね。有機ELパネルがディスプレイとしての技術が確立して、価格も下がってくると、iPhone8の価格も抑えられることでしょう。

iPhone8での有機ELパネルの生産

iPhone8では、有機ELパネルの採用が決まったと予想されています。そうすると、iPhone8の生産とともに、有機ELパネルの生産も増えてくると予想されます。有機ELパネルの生産をしているメーカーは、2018年の春を目途に、大量生産が予定されていると言われています。具体的な数字は明確ではありませんが、大量生産とされています。iPhone8の初回出荷数は、2000万近い数字が予測できます。その後も生産し続けることを考えて、やはり大きな数字で生産されているのでしょう。有機ELパネルは大量になるため、メーカーは1社ではなく、2~3社に分けてアップルから発注されているそうです。

iPhone8では、有機ELパネルが採用されたディスプレイになるそうです。それに伴い、有機ELパネルは、これからは今までよりも大量に生産されることが予想されます。つまり、iPhone8の生産台数も、大量になると予想できます。大量生産されて、買いやすい価格になるとより多くの人がiPhone8を使えるようになりますね。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ