iPhone8に実装されるかもしれないファンクションエリアとは?

新機種では従来まであったホームボタンを完全撤廃してフロント部分は全面ディスプレイになると予想されます。そして今までホームボタン付近は完全に使用される事の無いエリアでしたが、新機種では0.65インチのファンクションエリアが液晶下部に搭載されるという予想です。このファンクションエリアでは従来では出来なかったアプリによっての表示が変わって、新たな指紋認証等が搭載されるでしょう。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ファンクションエリアとは?

ファンクションエリアとはホームボタンや戻る、進むなど便利なタッチ機能を搭載したエリアです。ファンクションの意味が電子用語で機能やプログラムを意味するので様々な機能を搭載した場所と和訳したらそのままの意味です。また、従来の他のアンドロイドのスマートフォンでは多く取り入れられていて、物理的なボタンでは電子表示されているタッチキーの物をファンクションキーと呼びます。従来の機種では今まで取り入れられず、特徴的であったホームボタンは今のところ継続して使われています。しかし、今年発売されると予想される新機種にも遂にファンクションエリアと勿論ファンクションキーを搭載して従来とは全く違った操作性を生み出す事でしょう。

ファンクションエリアのメリット

新機種で搭載されるであろうファンクションエリアでのメリットは様々であると考えられます。まずこのファンクションエリアを取り入れホームボタンを撤廃する事により全面ディスプレイを可能にして、アプリなどの表示が大画面で使用する事が可能になります。さらに、アプリ毎にファンクションキーを変える事でより操作性が広がると予想されます。また、今までの機種ですと下部に余計な余白がある為女性などは片手操作がしにくい部分もありましたが、片手操作も容易に出来る事でしょう。このファンクションエリアにはここで取りあげた内容以外にも指紋認証なども搭載されると予想され、使い方に無限の可能性を秘めています。

iPhone8に搭載されるの?

大方の予想ではホームボタン撤廃と全面ディスプレイの実現に伴いファンクションエリアは搭載される思われます。今年が節目の年という事もあり、今までフルモデルチェンジをしてこなかったが新機種ではフルモデルチェンジを行うと予想出来ます。そのフルモデルチェンジの一つとして、昨年発売された機種ではホームボタンを完全なプッシュ式ではなく3Dタッチを搭載した機種にして、今回ではホームボタンそのものを撤廃すると予想されます。そうする事で今までなかった全面ディスプレイにファンクションエリアを取り入れさらに、厚みもより薄く軽くなった新機種が発売されるでしょう。

毎年9月の楽しみでもある新機種の発表ではありますが、今回は事前情報でも見た目から機能まで大幅な改変が行われると予想される為非常に楽しみです。特にファンクションエリアの搭載は今までデットゾーンであったホームボタン付近を様々な機能を搭載されると予想されるのでデザインもそうですが機能としても多いな可能性を秘めた機種が発売される事でしょう。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ