デザイン一新のiPhone8!具体的に何が変わる?

iPhone8のデザインは大きく変わります。特にディスプレイに大きな変化があることが特徴です。かなりスタイリッシュになると予想されるiPhoneのデザインについて知っておくとよいでしょう。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のディスプレイが大幅変更される?

iPhone8は大幅にディスプレイが変更になると噂されています。特に有機ELディスプレイを使用することで、全画面ディスプレイを採用しています。さらにベゼルレスと言って画面のふち、すなわちベゼルを廃止することによって境目のない流れるような画面が印象的です。またホームボタンも廃止されて、指紋センサーも画面全体に装備されるのではないかと言われています。ですので、iPhone8はディスプレイを見ただけでもまずその変更がわかるほどです。そして、内部部品の変更により、薄さも実現しています。iPhone8は薄さ4ミリを実現するのではないかとまで言われています。

iPhone8は素材自体も変わってくる

iPhone7にも一部強化ガラスを使っているものはありましたが、その流れるような輝きのボディでそのカラーだけ人気となる現象を引き起こしました。そのため、iPhone8についてはすべてのラインナップが強化ガラスを使用されるのではないかと言われています。強化ガラスというと強度の面で心配もありますが、ダイヤモンドの次に固いと言われているサファイアガラスなどを使うことで、ガラスの強度も問題ありません。ガラス画面の背面にはデュアルガラスとLEDライトが縦に並んでおり、3Dの世界を実現しています。

iPhone8はワイヤレス充電にも対応

iPhone8においては、ワイヤレス充電に対応しており、全面ガラス製になるのは、ワイヤレス充電をしやすくなるという理由もあります。イヤホンジャックについてはiPhone7と同様に防水性能を高めるため廃止されます。一方でiPhoneを他の機械とつなぐようなLightning端子については、引き続き継続されるのではないかとよそうされています。また、高速充電アダプターを採用されますので、高速充電にも対応しています。

iPhone8では、有機ELディスプレイを採用することやホームボタンを廃止することによって、全画面ディスプレイ採用を実現しています。ボディは内部の部品などを工夫することによって薄型化をはかり、さらには全面ガラス製になるといわれています。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ