【まじ?!】iPhone8の設計図が流出…驚きの新機能が

最近ではインターネット上でiPhone8の設計図ではないかとされる設計図が多数流出しています。その中でも、多くのユーザーが最も興味関心を示すものが、iPhone8で新たに搭載される新機能です。iPhone8の新機能やデザインについて、注目される点を抑えておきましょう。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の設計図が流出するってどういうこと?

iPhone8では、iPhone発売10周年のメモリアルイヤーに販売され、かつ今までにはない新機能が搭載されるためユーザーの関心も高まっています。そのような背景から、iPhone8はかなりの品薄が予想されます。そのため、Apple社においては例年よりも早い時期に世界中のサプライヤーから部品などの供給体制を確立しています。そのような過程があるためiPhone8の設計図ではないかと思われる写真がインターネットに流出しています。最近ではそのような設計図に写真を加えたり、新機能の解説を加えたりしています。

iPhone8はワイヤレス充電に対応する?

iPhone8の設計図を見てまず一番に気づく点といえばやはり中央に大きな円形型のパーツがあることです。中央にある大きな円形のパーツはiPhone8片面の面積3分の1から2分の1を占めており、かなり大きな目立つものです。これは何をするものかというと、Qi用の充電コイルではないかと言われています。このような充電コイルがあるということは、iPhone8は従来のiPhoneのようにコードをつないで充電するのではなく、センサーを用いて充電するワイヤレス充電の機能を搭載していると考えられます。

iPhone8のカメラやボタンの位置とは?

iPhone8の設計図によると、iPhoneの背面にデュアルカメラが縦型に搭載されます。そのほかにも、ミュートスイッチや音量ボタン、SIMカードトレイなどは側面に配置されるようです。ホームボタンは廃止されており、ディスプレイも全画面ディスプレイを採用しています。ボタンの位置については左右どちらについているか議論があるところです。

iPhone8の設計図が明らかになってきています。iPhone8の設計図によると、中央部分に円形のセンサーがあることから、ワイヤレス充電が可能になっていることがわかります。側面には音量などのボタンがあり、全画面ディスプレイを採用しています。また、背面にデュアルカメラが盾形に並んでいます。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ