iPhone7sで導入されると噂のタッチバーとは

iPhone7sにはさまざまな新機能が搭載されると噂がありますが、その一つがタッチバーです。もちろん、まだ噂段階の話ですから実際にiPhone7sに搭載されるかどうかは分かりませんが、ここではタッチバーの基礎知識や搭載される可能性などについてお話したいと思います。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 > iPhone7sで導入されると噂のタッチバーとは

そもそもタッチバーとは何か

タッチバーがiPhone7sに搭載されるらしい、と聞いてもタッチバーのことをそもそも知らないという方だと「??」ですよね。タッチバーはアップルがリリースした新型MacBookProに搭載された新機能で、タッチパネルのメリットとキーボードの操作性の良さを融合した機能のことを指しています。

MacProではタッチパネル操作のために画面に指を移動させて操作する必要がありましたが、意外に腕が疲れるというユーザーからの指摘がたくさんありました。そこで、画面を観ながらキーボードとタッチパネルバーを使って腕を疲れさせずに操作できる新機能が開発されたのです。タッチバーをキーボードのファンクションキーレイアウトに挟むことでより快適に操作することが可能となります。

iPhone7sへの搭載の可能性

確かにiPhone7sにタッチバーが搭載されるという噂はありますが、それが事実かどうかは今もって謎です。iPhone7sに関する情報はほとんどないというのが現実ですし、どのような新機能が搭載されるかというのはまったく分からないのです。そのため、タッチバーが搭載されるかどうかも今の段階ではまったく分かりません。

確かにMacProのようなノートパソコンでタッチパネル操作をするとなると少々面倒なうえに腕も疲れるでしょうからタッチバーは有効だと思います。しかし、それをスマートフォンに採用するというのはどうでしょう。どのように搭載するかにもよるでしょうが、そこまで大きなメリットはないような気がします。タッチバーを搭載するくらいならほかの機能を充実させたほうが良いような気もしますね。

現段階では何とも言えない

正直今の段階ではiPhone7sにタッチバーが搭載されるかどうかは何とも言えません。先ほどもお話したようにタッチバーをわざわざiPhoneに搭載するメリットが理解できませんし、そこまでして組み込む必要があるかどうかも謎です。敢えてここにきてタッチバーをiPhoneに搭載する必要が本当にあるかどうかも不明です。

もちろん、実際にタッチバーを搭載することで今まで以上に便利に使えるようになる可能性もあるでしょうが、MacProに搭載するほどのメリットは感じられないでしょう。個人的には搭載される可能性は低いような気がしますが、実際のところは発売されてみないことには分かりませんね。もう少しすればiPhone7sに関する情報も増えてくるでしょうからそうすればはっきりしたことも分かるでしょう。

タッチバーがiPhone7sに搭載されるという噂は実際にインターネット上でよく見かけますが、本当に必要なのかという疑問を抱くユーザーが多いのも事実です。iPhone向けにより使い勝手を良くして搭載するという可能性もあるかもしれません。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ