iPhone7sでquicpayは使えるの?

QUICPayとは、ApplePayのサービスの一環で、多くのカード発行会社に対応しており、QUICPayマークの付いたコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどにおいてキャッシュレスで支払いをすることができる機能です。今後発売が予定されているiPhone7sでQUICPay機能を使うにはどうしたらよいか、見ておきましょう

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

QUICPayとはそもそもどのような機能なの?

QUICPayとはApplePayの機能であり、対象のiPhoneにクレジットカードなどを登録することで支払いができるサービスです。そのなかで、QUICPayは多くのカード発行会社に対応しており、クレジットカード会社のホームページなどから、あらかじめカード情報を登録しておきます。QUICPayマークのお店で支払いをするとき、QUICPay端末に自分のiPhoneをかざすことでスムーズに支払いができるというサービスになります。支払い対象のお店は多く、いつものコンビニエンスストアからスーパーマーケット、レジャー施設までその支払い対象のお店は広がりつつあります。

iPhone7eでもQUICPayは使用できるの?

実は、iPhoneにある多種多様な機能の中でも、QUICPayの機能は比較的新しいものです。現在のところ、店舗でのQUICPayで支払いするのが可能なのは、iPhone7、iPhone7Plus、AppleWatchSeries2だけとなっています。ですので、現在では使用することができる端末が比較的少ないのが現状です。しかしながら、QUICPayで支払うことができるお店は増え続けていますので、今後発売が予定されているiPhone7sにもこの機能は搭載されるのではと思われています。そのため、iPhone7sに変えようとしている人も、安心してよいでしょう。

iPhone7sでQUICPayを使うときの注意点について

iPhoneでQUICPay機能を使うときにはあらかじめクレジットカードの情報を登録しておかねばなりません。登録については、設定機能からWalletとApplePay→メインカードというところで登録できます。メインカードとして選んでいるクレジットカードの利用が優先されます。QUICPayは通常、2万円までの支払いに使用できます。2万円を超える金額になると払えない場合が多いですが、QUICPay+をうたっているお店であるとその限りでないでしょう。そのため、一回で支払う金額についても注意が必要です。

iPhoneにおけるApplePayのQUICPayという機能は、あらかじめ登録しておいたクレジットカードで、QUICPayを取り扱っているお店においてキャッシュレスで支払いができる機能のことです。QUICPayは比較的新しい機能になりますが、今後発売が見込まれるiPhone7sにおいても搭載されると思われています。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ