iPhone7sのダブルタップの利便性

iPhoneにはロングタップをはじめとして便利なタップ機能がたくさんあります。iPhone7sは今後の発売が見込まれていますが、それもおそらく同じようにタップ機能が充実すると思われています。このような便利なiPhoneのタップ機能について押さえておきましょう。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sでもできる!?iPhoneのダブルタップとは?

iPhoneにはさまざまな機能がありますが、その中で文字通りダブルタップとは、指定の画面を二回タップすることです。特にiPhone6以降は、ディスプレイの大きさもやや大きくなっていますので、一つの画面ですべてを使うのがもったいない時、ダブルタップで画面が下りてくるという技を使えば、2つの画面を同時に見ることができて便利です。特に、今後発売が予定されているiPhone7sにおいても、画面の大きさがより大きくなるのではないか?というよそうもあることから、大きくなった画面をより有効に使うためにも、ダブルタップという機能が着目されていくと予想されます。

iPhoneにおけるダブルタップの使い方とは?

iPhoneの機能の中でもダブルタップという機能は、画面の一番上が届かないユーザーのためにホームボタン2回タップで画面が下りてくるといった機能です。これは、Reachability、すなわち簡易アクセスとも言います。ユーザーが片手でiPhoneをタップして使用したいとき、ホーム画面のアイコンが上のほうにあると、なかなか指で触れずに不便です。ほかにも、safariを使用してウェブサイトを閲覧しているとき、画面の切り替えなどで上のほうを触らないといけない時、やはり手が届きにくいです。そういった際にホームボタンをダブルタップすることで画面が半分より下に降りてくるので、よりアクセスしたり消去したりしやすい、といったことが挙げられます。

iPhone7sでダブルタップを使わない時はどうしたらよいの?

とはいえ、ダブルタップの機能は全員が絶対必須というわけではないでしょう。なぜなら、もともとiPhoneを両手で操作するという人にとっては、取り立てて画面を下半分にするメリットが思いつかないからです。むしろ人によっては、意図せずにホームボタンを二回押してしまっただけで画面が半分以下になってしまうと混乱する人もいるかもしれません。そういったときは、設定の一般画面からアクセシビリティをタップし、簡易アクセスを無効にするとよいでしょう。最近のiPhoneでは最初からダブルタップが有効になっていますので、iPhone7sもそうでないかと予測されます。いきなり画面が半分以下になって困る人は設定を変えるとよいでしょう。

iPhone7sにおいても初期設定で有効とされているダブルタップ機能はホームボタンを二回タップすることで画面が半分以下になる機能です。片手でiPhoneを使う人には便利ですが、設定によって変えることもできます。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ