iPhone7sはLightning端子を廃止しUSB Type-C搭載?

お待ちかねのiPhone7sの噂について、今回はケーブルの話題です。現在使われているLightningケーブルは規格がUSB-Aとなっています。Lightningケーブルというのは、Apple社独自のもので、PCと周辺機器を接続したり充電や同期に使われる規格のことです。これはApple社独自のものとなりますので、Androidで同規格といえば、USBとなります。USBとは違う利便性としては、表裏を気にせずに使えるというところにあります。これは意外とストレスになるので、裏表がないというのは画期的でした。そしてLightningケーブルの欠点は、やはりApple社独自であるため、Lightningを採用している周辺機器に関してはApple社の認証が必要であるということ。これは何かと不便な場面に遭遇することになりますよね。


iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sはLightning端子を廃止しUSB Type-C搭載?

USB-C規格を採用して企業間を超える?

そしてMacの新しい製品であるMacBook ProのUSBポートはUSB-Cポートが2つまたは4つの搭載がされており、USB-A規格のLightningケーブルであるiPhoneを接続する場合、USB-C-UBSアダプタなどが必要となります。Apple社内での接続環境が、このような状態のままであり続けるというのは、あまり考えられないでしょうね。というわけで、2017年がプレミアムな年であることを考慮して、iPhone7sにUSB-C規格が採用されるのではないかという、見方が出てきたようなのです。

そうなると、Apple社独自の製品にはこだわらず、企業を超えた規格統一に前向きであることは疑う余地もないようです。いつまでもApple社の枠のなかにユーザーをとどめておくことは今後難しく、コネクターなんかで縛られない自由な環境を提供するのも、大企業としての役割でしょう。

USB-C規格のメリット

USB-C規格だとどのようなメリットがあるのかと言いますと、ケーブルの両端が同じ仕様であるといことから、色んなことが可能となります。まずiPhoneとMacBookの接続がスムーズにいくこと。そして企業間を超えて、イヤホンの統一が図れること。充電器もたくさん持たなくても大丈夫になる、などといったことがあげられます。

それともUSB-Cと同等の技術が採用される?

またこのUSB-C規格に変わり、そのUSB-Cのテクノロジーと同等の技術であるUSB Power Deliveryを採用するかもしれないという噂もひそかにあります。これは今回発売予定のiPhone7sシリーズの3つのタイプ全てに搭載されるかもしれないということ。

このタイプだと、Lightningケーブルのままでも急速充電が可能となるそうです。

もうすぐ発売されると噂のiPhone7sですが、まだまだ機能やデザインの情報が定まらないのが事実。誰もその全容をつかみきれてはいませんが、それでもいよいよ発売は目前と迫ってきているようですよ。期待は膨らむ一方ですね。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ