次世代iPhoneは強度の問題クリア!?

薄すぎるデザインであるが故に、パンツのポケットに入れているだけで曲がったり、少しの衝撃でへこむといった報告もあるiPhone6ですが、

次世代のiPhoneはその心配を払拭する素材が使われるのではないでしょうか。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Apple Watch SPORTのケースに使用されている「7000シリーズアルミニウム」を使用される?

generation_img01現在iPhone6で使用されている素材は6000シリーズと呼ばれるもので、アルミニウムにマグネシウムとケイ素を化合した合金で強度の他に耐食性も強い特徴があり、建築用のサッシなどにも使われる素材でした。そして現在、アップルウォッチで使用されている素材は7000シリーズと呼ばれるもので、アルミ合金の中では最高硬度を誇り、航空機や鉄道車両構造材などにも使用されている素材です。強度の差としては7000シリーズのほうが6000シリーズに比べて軽量でありながら、強度は60%も強く、アップルウォッチでは表面に陽極酸化皮膜処理を施しており、キズや腐食にもとても強いものとなっています。

考えうる懸念材料

generation_img02強度の問題を一気に解決してくれそうなアルミニウム7000シリーズですが、一つ気になる問題点があります。

それは生産量がアップルウォッチよりもはるかに生産台数が増えるiPhoneシリーズで7000シリーズのアルミニウムが果たして生産が間に合うのか?という問題があります。

そのほかApple Watchから転用されそうな機能を予想

generation_img03

感圧タッチセンサーです、これは、タッチパネルでありながらタッチするとクリックしたような感触を得ることが出来る技術で、軽いタップと深く押すクリックの違いを判別し、操作の流れがよりスムーズになります。

他にもアップル社はユニークな特許技術を取得しています。

一つが、ホームボタンが飛び出す機構の特許です。

Touch IDの機能は残したままホームボタンが飛び出し、ゲームのコントローラのような使用方法が出来るのではないでしょうか?

他にも、iPhone6が発売された直後には、曲げて使用できる技術の特許取得を出願していました。次期のiPhoneでは不可能かも知れませんが、今後ペラペラと曲がり、折りたためるiPhoneというのが登場するかもしれませんね。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ