【iPhone7予測】iPhone7予約の傾向と対策

iPhone7の登場を待ち望んでいる方は、きっと多いだろうと思われます。どうすればトラブルに遭遇することなく、スムーズにiPhone7を入手できるでしょうか? ここでは、現時点で予測できる内容をまとめています。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

店頭での予約ではすぐには入手できない可能性アリ

except_img01

iPhone7の発売が発表され、その発売日も明らかになった場合、数日後には各キャリアが予約の受付を開始します。ここで心配になるのは、店頭で予約手続きをしてiPhone7を購入したい場合、在庫切れが起きる可能性があるということ。日本においてiPhoneは、例年予約が殺到して混雑するほど人気があります。しかし、その人気に対して初回の出荷分が間に合っていないのが現状です。需要に対して十分に供給できるだけの在庫を確保できる店舗は、日本中を探しても見つけるのが少々困難。そのため、せっかく時間のかかる事務手続きをしてまで店頭予約をしたのに、結局予約ができずにいち早くiPhone7の機能を試せない……という状況になる可能性は十分に考えられます。もし近くの店舗が以前のiPhoneで十分な在庫を確保していたという実績があった場合はiPhone7販売の際にも十分な在庫を確保している可能性もありますが、そうでない場合店頭での予約申し込みは避けたほうがよいといえます。

オンラインショップであればスムーズに購入可能!

except_img02

iPhone7をスムーズに購入し、いち早くその新機能に触れたいのであれば、オンラインショップを利用する方法がおすすめです。各キャリアとも、インターネット上で予約申し込みができるオンラインショップを用意しており、24時間どのタイミングでも予約することができます。いちいち店舗へ足を運ばずとも予約できるというのが、オンラインショップ利用のよいところです。
「多くの人が一気にアクセスしたらサイトが重くなるのではないか?」と考える方もいらっしゃるかもしれませんがその心配は不要です。確かに、以前は十分なネットワーク環境が整えられておらず、一時的にサーバーがダウンしてしまうトラブルがありました。しかし、現在はそのような環境の不備は改善されています。多くのアクセスがあってもサイトが重くなることは少なく、スムーズな予約申し込みが可能です。各キャリアとも、申し込みの入力事項などをできるだけ簡単にしているところも嬉しいポイント。画面の指示に従って予約を進めれば、あっという間に予約が完了します。

キャリア別でiPhone7が手に入りやすいのはSoftBank?

except_img03

では、SoftBankとau、docomoを比べてみたとき、iPhone7の入手しやすさには違いがあるのでしょうか? ここで見たいのが、キャリアごとのiPhoneシェア。Yahoo!意識調査によれば、SoftBankのiPhone販売台数は43.2%を占めてNo.1シェアだったという数値が上がったことがあります。2015年に行われたiPhone6s、6s Plusの販売台数シェア調査でも、SoftBankが2キャリアを抑えてトップ。このことから、オンラインショップのiPhone7在庫もSoftBankが最も潤沢であることが予想され、入手しやすさにもアドバンテージがあるだろうと予想されます。
ほかの点から見ても、SoftBankが最もiPhone7を入手しやすいことが伺えます。たとえば、オンラインショップで予約をすると1時間以内には予約完了のメールが届き、地域によっては商品の到着もとても早いのだとか。こういった点を含め、SoftBankは新規顧客を囲い込むための戦略がしっかりしているため、安定した供給が可能なのかもしれません。

iPhone7の在庫状況を調べたい場合

except_img04

iPhone7は、2016年9月に発売されるのではないかと予測されています。実際に発売されたあと、店舗の在庫を確認したいと思ったら、確認方法は2つ。1つは、携帯ショップや家電量販店、Apple Storeに赴いて在庫を確認する方法です。ただし、発売日直後はどの店頭も混雑することが予想されます。もう1つの方法は、オンラインショップで在庫状況を確認するというものです。店舗へ足を運ぶ必要がないという点ではこちらが楽そうですが、ネットワークが混雑してしまえば確認は困難です。最も確実なのは、足を運べる範囲で店舗在庫を確認しに行く方法だと思われます。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ