iPhoneが壊れたときの修理について

iPhoneを使用していると、ちょっとした不注意で端末が故障してしまうことがあります。このページでは、そんな故障の事例と修理を行ってくれる店舗、必要な費用の相場などを紹介します。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7予測情報 >  iPhoneが壊れたときの修理について

主な故障事例と修理店舗

iPhoneの故障事例でもっともよく見られるのは、画面の損傷です。硬い床に誤って落としてしまうなどして、画面にヒビが入ったり、正常に画面が表示されなくなるなどのトラブルです。運よく画面表示に問題がなかったとしても、そのままの状態で端末を操作することは思わぬケガに繋がることもあります。

画面が割れてしまったら、Apple Storeの直営店か、Apple正規サービスプロバイダに修理を依頼しましょう。修理費用は、iPhone6sPlusで16,800円、iPhone6sで14,800円となり、機種が新しければ新しいほど割高の費用になります。ただし、AppleCare+という保証に加入している場合は修理費が割安になります。

「端末を水没させてしまい、そのまま作動しなくなった」というトラブルもよく報告されています。その場合は、無理に再起動しないことが大切です。濡れたまま電源を入れると、内部部品の症状の悪化に繋がる恐れがあるためです。端末本体を水没させてしまった場合も、Apple Storeの直営店やApple正規サービスプロバイダに端末を持ち込み、修理を依頼しましょう。水没は基本的に保証対象外の事故となります。ケースによっては30,000円以上の費用がかかることもありますが、ここでもAppleCare+はじめとした保証に加入していた場合は費用が割安になります。

もしものときのため、メーカー直営店や費用を把握しておく

いかがでしたか。万が一端末が故障してしまったときのため、ひと通りの修理方法は把握しておくことが大切です。これから発表されるであろうiPhone7では、こうした修理事情にも変化があるかもしれません。iPhone7の発表・リリースに注目したいところです。iPhone7の最新情報が待ち遠しいですね。

壊れたiphone

関連記事はこちら

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ