iPhone7sへの綺麗な保護フィルムの貼り方

iPhoneの機種変更後意外に面倒なのが保護フィルムを貼る作業。フィルムは使っていくうちに劣化するため、機種変更をしなくても定期的に新品に交換する必要があります。少しコツが必要ですが、ポイントをおさえれば簡単に張り替えることができるので安心です。iPhone7sで手軽にフィルム交換をするための基本テクニックや裏技についてまとめました。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sでも役立つ!失敗しない保護フィルム交換の極意

保護フィルムがうまく貼り替えられない原因はずばり気泡です。フィルムと液晶画面とのすき間に空気が入り込むとその分よけいなスペースができてしまい、フィルムを密着させることができなくなってしまいます。保護フィルムも貴重なアクセサリーですから、できれば1回できれいに貼りつけたいですよね。気泡が入り込んでしまうのは、目に見えない細かいほこりが液晶画面に付着しているためです。ほこりによってフィルムと画面にミリ単位の凹凸をつくり、空気が入りやすい状況をつくってしまいます。フィルムを貼る時はまず、液晶画面を軽く拭いて細かいほこりを払っておきましょう。画面をクリーンアップしたうえで慎重に、フィルムを画面に沿わせるように貼っていけば気泡が入らずきれいに貼れるはずです。なお、フィルム交換の場合は古いフィルムをはがす作業が必要になりますが、その際にも爪などで無理やりはがそうとせず、ガムテープでフィルムの角を軽く持ち上げるようにすれば簡単にはがすことができます。

フィルム交換がどうにも苦手!そんな人にはガラスフィルム

iPhone7sの画面保護アクセサリーはシート状の保護フィルムだけではありません。フィルム交換がどうしてもうまくできない人はガラスフィルムという選択肢があります。その名の通りガラスを原材料にしてつくられているということで保護フィルムよりも若干分厚くなりますが、液晶画面にただ乗せるイメージなので初心者でも簡単に交換することができます。強化ガラス素材を選ぶことによって保護性能をさらに高めることも可能です。保護フィルムよりも厚みが出るため、製品によっては画面の感度に影響が出る場合もあり、また、どうしてもガラスフィルムが浮き上がってしまうため自然なデザインをもとめるユーザーには不向きかもしれません。コスト的にも保護フィルムとくらべてやや割高になる傾向があります。保護フィルムとガラスフィルム。どちらもiPhone7sを守るうえで欠かせない保護アクセサリーです。それほど極端に高価というわけではないので、まずは手頃な保護フィルムを試してみてどうしても使いにくいようならガラスフィルムに切り替える、というプランが確実かもしれません。

保護フィルムの交換は、ガムテープを活用することで格段にスムーズになります。交換する前は必ず液晶画面を軽く拭き、気泡の原因となる細かいほこりを落としておきましょう。ガラスフィルムのほうが簡単に脱着できますが、コスト的にやや割高になるため慎重な検討が必要です。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ