iPhone7sのバックパックの2WAYタイプとは

iPhoneシリーズを安全に無理なく持ち運べるアクセサリーとして2wayタイプのバックパックが人気です。手提げとしてもショルダーバッグとしても使える優れもので、iPhoneをバックパックにしまって自転車で長時間走っても端末に衝撃を与えることがありません。iPhone7s用のバックパックは過去シリーズと比較してどのような点が変更されるのか。最新端末をより使いやすくするためのミニ情報と合わせてお届けします。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

そもそも2WAYってどんな意味?iPhoneアクセサリーの基礎知識

2WAYバッグとは「2通りの使い方ができるバッグ」という意味で、状況次第で手提げにもショルダーバッグにもなることから2WAYバッグとよばれています。ちなみに、リュックとしても使えるのであれば3WAYバッグという呼び方になり、2WAYバッグよりも幅広い使い方ができるという特徴があります。日常の電車通勤などでは手提げバッグとして、自転車に乗る時などはショルダーバッグとして使うのが一般的な活用方法であり、状況に応じてフレキシブルに使い分けられるのが最大の魅力です。ショルダーバッグにもなるタイプでは自転車の前にバッグを固定することもでき、両手が自由になるため行動範囲がより広がります。iPhone7sに対してあまりに大きすぎるサイズのバッグを選んでしまうと中で端末が遊んでしまい故障の原因になりかねないため、サイズとしてはiPhone7s本体より少し大きいぐらいのものを購入すると良いでしょう。

iPhone7sのアクセサリー!男女でこんなに見るポイントが違う!

バックパックを選ぶ基準は男女で大きく異なるようです。男性は基本的に機能重視の傾向が強く、アクセサリーとしてのデザイン性よりも使いやすさや汎用性の高さを優先することが多いようです。女性ももちろん最終的には利便性を重視しますが、それと同じレベルで色合いやファッション性も考慮しており、「オシャレじゃないと買わない!」という人も少なくないようです。メンズとレディースそれぞれに特化したバックパックも売られていますが、最近では性別や年齢に関係なく違和感なく使えるタイプが主流になりつつあり、iPhone用アクセサリーもユニセックスの時代に突入したと言えるかもしれません。価格についての考え方も男女で違いがあり、男性の場合は多少高価なアクセサリーでもそれ相応の付加価値があると判断すれば購入しますが、女性はコスパをより重視する傾向が強く、「安くて使いやすいもの」を追い求める特徴があるようです。

2WAYとは「2通りの使い方」という意味で、iPhone用バックパックの場合は手提げにもショルダーバッグにもなる、ということを意味しています。使い方が限定されないということはそれだけ幅広いシチュエーションで使えるということで、ひとつのバッグをいろいろな場所に持ち運べる便利さがあります。iPhone7sでは過去シリーズと比べてサイズや薄さに極端な変更はないと見られているため現在使っているバッグでも転用可能ですが、気分を一新するためにも最新モデルに特化したバッグを購入するのもひとつの方法です。ユニセックスタイプのバッグであれば男女関係なくあらゆるシチュエーションで使いこなせるため、アクセサリーの汎用性を重視するのならこのタイプがおすすめです。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ